下関市井田 来福寺(攘夷戦時の藩主正室らの避難場所)

文久3年、長州藩の攘夷決行に際し、
支藩である長府藩も宗家と共に行動しますが、
実際の戦場となるのが自領であるだけに、
色々と諸問題が発生します。

長府藩の藩庁である長府陣屋は、
一国一城令で破却された櫛崎城(記事はこちら)三ノ丸跡で、
海にほど近く攘夷戦で外国船が反撃に転じた場合、
大砲が届く非常に不利な場所でした。

そこで藩庁移転の方針が決められる訳ですが、
本来は藩庁を移転するには幕府の許可が必要です。
それを危ないからって勝手に移転することは、
すでに幕府に対する反逆行為。

宗家も萩から山口政事堂に藩庁を勝手に移していますが、
それは元治元年10月の事。
長府藩が勝山御殿(記事はこちら)に移転したのは、
元治元年2月の事です。
宗家よりも先に藩庁を変えてたようですね。

さて、攘夷戦が文久3年5月10日より始まるのですが、
もちろん移転は間に合いませんでした。
長府藩は覚苑寺(記事はこちら)を本陣として攘夷戦に臨み、
文久の改革により国元に戻っていた藩主正室を、
戦火の届かない内陸部に非難させた場所が来福寺です。


下関市井田周辺(来福寺の場所)
後に移転する勝山よりもさらに内陸にありますが、
もちろん安全という理由が一番でしょう。
この宝鏡山来福寺は、藩祖毛利秀元の生母妙寿院の菩提寺で、
由緒としても藩主正室の避難場所として格好の場所でした。
当時の藩主毛利元周の正室は、大洲藩主加藤泰幹の娘千賀姫
華やかな江戸から長府の田舎に来たと思ったら、
もっと田舎の山奥のお寺に避難するハメになろうとは、
夢にも思ってなかったでしょうね。


来福寺山門」。
綾羅木川上流の田園地帯。
小高い山の中腹に来福寺はあります。
初代藩主の生母の菩提寺として開山した後、
この周辺を所領とした家老伊秩家の庇護を受けていました。


来福寺本堂」。
そんなに大きくはない本堂は、当時のまま。
藩主の奥方ですのでVIP待遇ではあったでしょうが、
この場所では不便なことも多かったのでははいでしょうか?
その後、勝山御殿が完成するまでの半年以上、
千賀姫はこの来福寺で過ごしています。

■関連記事■
下関市田倉 勝山御殿(再訪)
 長府藩は藩庁を内陸の勝山に移転しました。
下関市長府 長府陣屋跡
 長府藩の藩庁。元治元年に勝山に移転しています。
下関市長府 覚苑寺
 攘夷戦の際の本陣。藩主菩提寺のひとつ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。