大分県中津市 増田宋太郎誕生地

福澤諭吉記念館隣の、増田宋太郎誕生地を訪問しました。

福沢の旧宅には5年前に訪問済み(記事はこちら)。
当時はブログを始めたばかり。
記事を見返すと内容はが薄くて恥ずかしいかぎり。
今もそんなに濃いというわけでもありませんが、
当時は絵文字など使っていたんだなと、
懐かしくなりました。
※ブログの移転に伴い絵文字は無くなっています。

それはさておき、増田宋太郎誕生地。

福澤諭吉記念館周辺(増田宋太郎誕生地の場所)

福沢諭吉旧宅のすぐ近くにあります。
それもそのはず。
増田宋太郎と福沢諭吉は再従兄弟の関係で、
増田は福沢の母のいとこ増田久行の長男でした。
とはいえ、増田は福沢と14歳の差がありましたので、
子供のころに少し遊んでもらった程度だったでしょうし、
福沢も19歳で中津を離れていますので、
増田の方は遊んでもらった記憶もないはずです。


増田宋太郎先生宅址」。
小さな公園のような場所が、増田家があった場所。
ここで中津藩士増田久行の嫡男として生まれました。
戦前はここに増田を祀る神社があったそうですが、
現在はなくなっています。


西南役中津隊長 増田宋太郎先生誕生之地」碑。
国学を学び、攘夷思想を持つ増田は、
洋学に傾向する福沢に暗殺を企てますが、
福沢に論破されて断念したとか、
福澤が服部五郎兵衛と飲み明かした為に、
機会を逸したなど、とにかく暗殺に失敗しています。
慶応義塾に入ったのはそれからかなり後の話なので、
論破されたというのではなさそうです。

西洋化を推し進める新政府に失望し、自由民権運動に奔走。
一時、慶應義塾へ入学していますが、
母の病を理由に中津に帰郷しています。

西南戦争が勃発すると、中津隊を結成して中津支庁を襲撃。
すでに劣勢であった西郷軍と合流して各地を転戦しました。
西郷が解散令を発した後も、西郷に従って城山に向かい、
兵糧奪取の為に米蔵を襲った際に戦死。
若しくは捕えられて斬首されたとされています。


西南役中津隊士」碑。
誕生地碑の隣に建てられている中津隊名簿。
中津隊は西郷軍に呼応し決起した士族隊の中で、
西郷軍本隊から最も離れた地で蜂起した部隊でした。

福沢諭吉は政府に反旗を翻した西南戦争を評価しており、
その戦列に自分の郷土から中津隊が参加した事実に、
大変満足していたようです。

■関連記事■
大分県中津市 安全寺(増田宋太郎墓所)
 増田栄太郎の墓所。
大分県中津市 福澤諭吉旧居
 福沢諭吉は中津藩の出身。
大分県中津市 中津城
 中津藩奥平家10万石の居城。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。