家族旅行の最後に

約一ヶ月掛けて史跡訪問記事をUPしましたが、
これにて終了。
家族旅行のついでに鳥取岡山の諸藩庁を巡り、
とりあえず事故もなく、
家族に喜んでもらえたのが幸いです。

車での旅行の楽しみのひとつは、
サービスエリアでしょう。
嫁さんはお土産選びを楽しみ、
子供たちはS.Aの探検を開始します。
スイーツなどのおいしそうなものがあったら、
皆で食べるのもまた楽しい。


帰りに寄った下松SA(下り)には、
木彫りの動物や機関車などがあり、
子供たちは大喜び。
調べてみるとチェーンソーアートというらしい。
なんでも世界的な作家の作品との事。
乗って遊ばせちゃダメだったかな?
ちなみにゆきちゃんの手には、
タコのヌイグルミが・・・。
別のサービスエリアで気に入ったようなので、
旅の思い出に買ってあげました。


木彫りのくまモンのいます。
最近のみよちゃんは、
何故か手の甲を見せるポーズをとります。
自分なりに可愛いと思って考えたんでしょうね。

SAを出ると子供たちは眠くなったようで、
家に帰り着く頃には深い眠りについており、
寝たままパジャマに着替えさせました。
よほどはしゃいで疲れたんでしょうね。

どちらかというと勝手に生きてきた僕ですが、
結婚して子供が出来て、
考え方も変わってきました。

歴史や歴史上の人物は好きですが、
歴史上の人物達が誰かの為に死ぬ、
何かの為に死ぬという事は、
確かに頭では理解できますが、
実際に出来るかと云われれば絶対に出来ません。
いくら真田幸村が、
華々しく散ってカッコいい」と思っていても、
自分はいくら狸親父でも、
徳川家康になりたいわけです。

でも、最近はなんとなく出来るかも?
って思うわけです。
もちろん主君の為に・・ってのは無理ですが、
最低でも家族の為ならば、
自分を犠牲にしても良いと思う。
遅ればせながら父親になったのかもしれません。
自分より大切なものを見つけられた気がします。

僕の場合はそれが家族だったわけで、
幕末の志士達にとっては、主君であったり、
朝廷であったり、幕府であったり、
自分の信念であったりしたのでしょうね。

■関連記事■
海響館
 子供の時に行った場所に連れて行きたくなる。
鳥取旅行
 家族旅行。毎年行きたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。