鳥取旅行

仕事で大きな案件が進んでとても忙しい中、
有給を取って家族旅行に行きました。
少々同僚には迷惑掛けましたが、リフレッシュも大事。
休んだ分はあとで頑張ればいいんだと、
勝手に自己解決して鳥取へ出発!

前々からJTBの旅行券を持っていたのですが、
なかなか使用することができず、
そろそろ使ってやろうと鳥取旅行を計画。
鳥取を旅行先に選んだのは、
中国5県の中でも行く機会が少ないのと、
予算の関係等の事情からです。
もちろん史跡も重要な要素ですが・・・。

まずは中国地方の最高峰「大山(だいせん)」へ。
大山は鳥取県西部にある成層火山で、
古来より山岳信仰の対象とされていました。
四季それぞれに美しい姿を見せる山で、
何度か米子道(高速道路)から、
新緑や雪化粧を拝んだ事があります。
この季節の大山は紅葉が綺麗だということと、
大山のソフトクリームは美味しいらしいということで、
嫁さんのリクエストで大山に行く事が決定した次第です。


まずは遠くからわが子2人の記念写真。
下関からの長旅で疲れたようですが、
松江道も開通して行きやすくなっていました。
しかし大きな山って距離感がつかめませんよね。
すぐそこって思っても意外と遠かったりします。


大山まきばみるくの里」からの大山の眺め。
山なんて興味ないなぁなんて内心思っていましたが、
実際に行ってみるてその迫力に触れるのは、
悪くないものですね。
牛も放牧されていて子供達も喜んでいました。
ソフトクリームも濃厚でとても美味しかったです。

大山より東へ進み、三朝温泉へ。
仕事関係で三朝温泉に泊まった事があり、
その時の泉質や温泉街の雰囲気が良かったものですから、
いつか家族を連れて来たいと思っていました。

三朝温泉は国内有数のラドン温泉で、
療養温泉としても知られます。
情緒ある温泉街も魅力的でした。


子供達を連れて温泉街にある「いづみ娯楽場」へ。
射的手打ちパチンコ
そしてスマートボールのある遊技場です。
みよちゃんはスマートボールを体験しましたが、
はじめは中々入らずイライラしてましたが、
そのうち入りだして楽しんでいました。

2日目は鳥取砂丘へ。


鳥取砂丘は、日本海海岸に広がる広大な海岸砂丘。
写真は「馬の背」と呼ばれる砂丘列で、
相当歩かないと行けません。
遠くから眺めるだけかなと思いきや、
みよちゃんは行く!って裸足になりました。
まじっすか・・・・。


子供達にとっては鳥取砂丘は「大きな砂場」。
これだけはしゃぐとは、連れてきた甲斐がありました。
みよちゃんはあっち行ったり、こっち行ったり。
その体力は大人には無い・・・。
対照的にゆきちゃんはペタンと座って砂いじり。
それはそれで楽しそうなんですけどね。

その後、鳥取城などを訪問した後、県をまたいで岡山へ。
津山城鶴田陣屋跡をめぐって湯原温泉へ。
史跡については後日アップします。

湯原温泉も情緒ある温泉街のある温泉地で、
ダムのすぐ下にある共同露天風呂「砂湯」が有名です。


2日もお泊りできるなんて子供達にとっては貴重な体験。
浴衣も気に入って着ていました。
少しは家族サービスになったかなと自己満足しつつ、
合間にちゃっかり史跡も訪問した充実した旅行になりました。

■関連記事■
家族旅行の最後に
 そろそろ親になってきたかな?
ゆきちゃんがイヤイヤ期に突入
 お前は天使か?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。