長崎県島原市 旧島原藩薬園跡

島原藩4代藩主松平忠誠は、
シーボルトの高弟賀来佐一郎を招き、
藩医学校済衆館の敷地の畑に薬草を栽培させましたが、
手狭なうえに薬草の栽培には条件が良くなかったため、
弘化3年に飯島義角を薬園主任として、
眉山の麓に薬園を造らせました。

その後の拡張工事を経て完成したのが、
現在の薬園跡です。

「旧島原藩薬園跡」。
奈良の森野旧薬園、鹿児島の佐多旧薬園などと共に、
日本三大薬園跡」と呼ばれていますが、
他の2つの薬園跡に比べて遺構をよく留めており、
発掘調査の後、復元や整備が行われました。


薬園内。
現在も薬草を栽培しているようで、
農作業をしている人達がちらほら。
内部だけ見るとどこにでもある段々畑のようです。


薬園を囲む石垣
軍事施設でもあったのではないかという程の厳重な石垣。
島原藩は栽培した薬草を売って、
財源とする方針だったらしい。
栽培した貴重な薬草の盗難を恐れたのでしょう。

■関連記事■
長崎県島原市 島原城①/
 島原藩深溝松平家の居城跡。
愛媛県西予市 卯之町①(二宮敬作関連史跡)
 二宮敬作は卯之町で薬草を栽培していました。
長崎県島原市 松陰来訪の地と武家屋敷街水路
 島原藩の城下町。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。