青森県上北郡野辺地町 花鳥号の碑と銅像

明治天皇は明治初期に全国を巡幸しており、
各地に宿泊や休憩を記念した聖蹟が残されています。

下関市も「明治天皇御上陸地聖蹟」がありますが、
そういえば、それがあるのは南部町だったっけな。
盛岡南部家とは関係ないようで、偶然と思います・・。

明治9年6月2日。明治天皇は東北の巡幸に出発し、
奥州街道を北上して青森まで陸路を進み、
帰路は船で函館に寄って、
7月21日に東京へ戻りました。

その東北巡幸中の7月13日。
野辺地の行在所となった野村治三郎邸に到着しますが、
明治天皇を乗せた巡幸馬「花鳥号」が到着後に倒れて、
そのまま死んでしまいます。
その死を悲しんだ明治天皇は、
花鳥号を常光寺に埋葬し金子を下賜しました。

花鳥号はアメリカ産の御料馬で、
天皇の御馬車を引いていたとされ、
明治天皇自らもこれにまたがる事もあったようで、
手綱さばきに良く応えたとそうです。
後に、勅命によって石碑が建てられました。

石碑は埋葬地である常光寺にあります。

花鳥号碑」。
碑文は長三洲の作という立派な石碑。
宮内庁より石碑が送られて、ここに建てられたようです。
建立は明治11年で2年も経っており、
その場限りではなく、本当に悲しんだのでしょうね。
でも、肝心の花鳥号の墓は残っていないようでした。


愛宕公園には、その花鳥号の銅像があります。

花鳥號」銅像。
遠くから近づいてやけに青いなぁ・・と思ったら、
ブルーシートでぐるぐる巻きにされていました。
銅像も寒さで傷むのでしょうかね?非常に残念です。


本来はこのような雄姿が見れるはずでした。

さて、南部といえば南部馬が名産。
南部馬は、馬格が大きく、姿かたちが美しく、気性が良いとされ、
皇室に献上された事も多く、京都でも人気だったとか。
日本の在来馬は小さいながら体質強健で粗飼に耐たとされ、
消化器官が発達していた為に、野草のみでも育成できたという。
寒さにも強く、骨や蹄が堅かったようで、
そのために日本では蹄鉄が発達しなかったそうです。

花鳥号はアメリカ産のトロッターだということで、
日本流の飼育方法や気候で体を壊したのかもしれませんね。

■関連記事■
京都府京都市 伏見桃山陵
 明治天皇の御陵。遺言にて京都に葬られました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。