耶馬渓と青の洞門

中津を流れる山国川の上流の渓谷である耶馬渓は、
日本三大奇勝であり、
日本新三景に選定された名勝です。

凝灰岩や凝灰角礫岩、熔岩の侵食によってできた絶景で、
江戸後期までは山国渓と呼ばれていました。

ここを訪れた頼山陽は、
その絶景に感動して漢詩に中華風の字を当て、
耶馬渓天下無」と詠んで「耶馬渓」と命名したという。


競秀峰」。
巨峰や奇岩が約1kmも連なる耶馬渓を代表する名勝。
裾野は「青の洞門」。

絶景というだけではなく、難所としても知られ、
通行には断崖絶壁を渡らねばなりませんでした。
ここで命を落とす通行人が後を絶たない事から、
諸国を行脚していた僧禅海が、ノミを持って岩盤を掘り、
30余年の歳月を掛けて開通させたトンネルが青の洞門。

菊池寛の小説「恩讐の彼方に」では、
主を殺害して出奔した男が、
己の罪業を感じて出家して全国を遍歴。
ここを訪れた際に、通行人が命を落とすのを哀れんで、
罪滅ぼしに洞門の開削を始めます。
開削を続けていると、殺した主の息子が仇討ちに現れ、
僧を殺そうとしますが、事情を知り洞門の開通まで待つことに。
次第に開削を手伝うようになって開削が進み、
最終的に開通した際には、
僧の人柄を憐れんで仇討を断念します。

この話はフィクションで、
禅海が殺人を犯したという記録はありません。
菊池寛のせいで人殺しの汚名を着る羽目になった禅海ですが、
この小説のおかげで、
青の洞門が全国的に知られるようになりました。


断崖の中央付近に岩の削れたところが見えますが、
洞門が出来るまではそこにが架けられて、
通行人はそれを伝って移動していたようです。

耶馬渓が現在もその絶景を保っている要因のひとつに、
福沢諭吉の存在があります。
福沢の郷里である中津は耶馬渓の目と鼻の先ですが、
明治期の樹木の乱伐で絶景が阻害されるのを防ぐ為、
競秀峰一帯を福沢の個人資産3万円を投じて買収し、
東城井村(現本耶馬渓町)に寄付しました。

耶馬渓は中津と日田を結ぶ日田往還にあり、
幕末にも中津藩士や、遊学の諸藩士達も通っているはず。
この絶景を望んで憂国に思いをはせた志士も、
少なからずいたかもしれませんね。

■関連記事■
大分県中津市 中津城
 中津藩奥平家の居城跡。
大分県日田市 日田代官所跡
 西国筋郡代が支配する日田代官所跡。
大分県中津市 福澤諭吉旧居
 耶馬渓を守って福沢諭吉の旧居跡。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。