福井県敦賀市 天狗党幽居の三寺

新保宿加賀藩に投降した天狗党
投降者は823名。
首領武田耕雲斎は抗戦派の山国兵部らを抑え、
大志を訴えて潔く投降するように諭しました。

加賀藩は投降者823名を敦賀の三寺に収容。
天狗党の辛苦の行軍と尊攘の志に礼を尽くし、
彼らを憂国の志士として厚遇。
加賀藩は三寺に天狗党の厚遇を指示し、
投降者は3つに分けられて収容されます。


長遠寺」。
天狗党が収容された三寺のうちのひとつで、
山形半六ら90人が収容されています。


本妙寺」。
こちらも天狗党が収容された三寺のひとつで、
武田魁介ら346人が収容されました。


本勝寺」。
天狗党が収容された三寺のひとつで、
武田耕雲斎、藤田小四郎ら387人を収容。


水戸烈士幽居之寺」碑。
他の二寺には碑や説明板はありませんが、
彼らが収容された事を示す碑が建っています。

加賀藩は収容された天狗党に礼を尽くし、
正月にはを振舞い、一橋慶喜に対しては、
寛大な処分を要請する書状も出しました。

しかし、天狗党の取り調べの担当には、
水戸で天狗党と戦った田沼意尊が就任し、
天狗党は厚遇する加賀藩の管理から、
福井藩彦根藩小浜藩に管理が移行。
田沼が敦賀に到着して天狗党が引き渡されると、
彼らの状況は一変してしまいます。

■関連記事■
福井県敦賀市 新保宿(武田耕雲斎本陣跡)
 天狗党はここで武装解除しています。
福井県敦賀市 幕府による天狗党の処罰地
 幕府に引き渡された天狗党の悲劇。
福井県敦賀市 武田耕雲斎等ゆかりの地
 武田耕雲斎ら天狗党の墓所。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。