安政遠足

上野安中藩の第5代藩主板倉勝明は、学者藩主と呼ばれ、
学問を好んで、藩士らにも学問を奨励していました。
また、西洋軍制を導入し、積極的な藩政改革を行なう名君でした。

江戸時代初期からの学者・思想家の著述でまだ出版されていないものを、
勝明は探し求めて刊行したりもしています。

安中藩といえば、同志社大学の創始者である新島襄も安中藩出身です。
彼も「勝明公は中国の古典に精通し、国内では藩主達の中で最も傑出した学者だった
と記しています。

安政2年、その板倉勝明は、幕末の不穏な情勢に危機感を覚え、
迫り来る有事に備え、藩士達の心身を鍛えるためにマラソン大会の開催を命じました。
藩庁である安中城から熊野権現まで、総距離28.25km。
標高差1000m以上という過酷なレースに参加したのは、50歳までの安中藩士96名。


安政遠足之図

このときの記録は『安中御城内御諸士御遠足着帳』という書物に残されているという事ですが、
いくら探しても1位は誰だったかなんてネットには載っていません。
タイムスクープハンターの「風になれ マラソン侍」でこの様子が取り上げられ、
岡村喜四郎日下部伝蔵という藩士が1着をとってますが、
実在の人物でしょうかね?
とにかく、この遠足が日本のマラソン発祥とされています。

現在も安中市では、この安中遠足にちなんで、
毎年5月の第2日曜日に、「安政遠足 侍マラソン」が行われています。

追記
Yahoo!知恵袋で聞いたら、

5月19日→1位:黒田誠三郎
5月21日→1位:小林房之進     とのことです。

タイムスクープハンターの岡村喜四郎や日下部伝蔵は創作のようですね。

■関連記事■
群馬県安中市 安中城跡
 安中藩の藩庁。
「幕末まらそん侍」土橋章宏
 安政遠足を題材にした小説。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。