群馬県安中市 安中城跡

安中藩彦根藩初代藩主井伊直政の長男井伊直継が、
分知された安中3万石で立藩したのがはじまり。

直継は病弱で将才に欠け、
とても譜代筆頭井伊家の当主は努められず、
直政の才を色濃く受け継いでいた次男の井伊直孝が、
彦根藩の礎となることになりました。

直継は井伊直勝と名を改め安中藩初代藩主となり、
その後の直勝流井伊家は、西尾藩掛川藩と転封された後、
4代後の井伊直朝が発狂したとして改易の憂き目に合い、
なんとか断絶を免れて与板藩に転封となり維新を迎えます。

安中藩は譜代大名の入出を繰り返し、
藩主家は水野家掘田家板倉家内藤家板倉家と変わり、
ようやく重形流板倉家が藩主となって落ち着きました。

ちなみに板倉家が再び安中藩に入る前の相良藩時代。
分家の寄合7000石の当主板倉勝該が、
本家である相良藩主板倉勝清から廃嫡させられると妄想し、
それを逆恨みして勝清を殺そうと後ろから斬りつけますが、
間違えて熊本藩細川宗孝を殺害する事件が発生しています。

なんともお粗末な事件なのですが、
間違えて藩主を殺された熊本藩はさあ大変。
宗孝は若かったので継嗣はおらず養子も立てていなかった為、
熊本藩54万石は無嫡断絶の危機が訪れます。

この状況に仙台藩伊達宗村が機転を利かし、
まだ息があるから連れ帰って介抱せよ」と宗孝家臣に伝え、
それを聞いた家臣達は即死状態の宗孝を藩邸に運び、
宗孝の弟細川重賢を末期養子に指名して即日幕府に届け、
翌日に介抱の甲斐なく死亡したことにして難を逃れました。

元々狂人の気のあった犯人の板倉勝該は、
岡崎藩邸に預けられてそこで切腹となりました。
全く関係はないのですが、
当時の岡崎藩主水野忠辰は聡明な藩主でしたが、
藩政改革を反対派家臣の妨害を受けて失敗し、
自暴自棄になって遊蕩に溺れます。
最終的に乱心したとして強制隠居させられ、
座敷牢へ入れられ死去。
まあ、呪いとかではないとは思いますが、
乱心が連鎖しているので紹介致しました。

実際のターゲットであった板倉勝清はお咎めは無く、
順調に出世して安中藩に定着。
最終的に3万石に加増され、老中にもなっています。


安中市東部(安中城の場所)
JR信越本線安中駅で下車。
安中城跡まで2kmですが、歩いて向かいます。
気分は安政遠足(そこまで遠くないけど)。


安中私立安中小学校」。
安中城の本丸は、安中小学校の校舎と、
その後方の文化センターあたり。
空堀も設けられていたようですが、
開発されて遺構らしいものはありません。


安中城址」碑。
安中小学校正門の脇にあります。


調べてもよくわからなかったのですが、
武家屋敷の長屋門らしい建物も残っていました。


旧安中藩郡奉行役宅」。
領内村方の警察権や裁判権を有した郡奉行の役宅。
古図面と建物に残る痕跡を元に当時の姿に復元したもの。


旧安中藩武家長屋」。
江戸時代末期に建てられたと推定される武家長屋で、
比較的家禄が低い者が住んでいたようです。


時代劇に出てくる江戸の町長屋とさほど変わらない感じ。
でも、それがなんとも良い雰囲気です。

安中城は一応は城形式の藩庁ですが、
規模的には陣屋に毛が生えた程度だったようですね。
立地的には九十九川碓氷川という天然の水堀に挟まれ、
要塞的な機能は十分に持っていた様です。

幕末の安中藩といえば、
やっぱり「安政遠足」でしょう(記事はこちら)。
城門から熊野権現神社まで、
藩士の鍛練を目的に約30kmを走らせ、
到着した者には餅などがふるまわれたようです。
これが日本のマラソンの発祥とされ、
それを記念して毎年安中市では、
安政遠足 侍マラソン」が行われています。

同志社大学創設者で、山本八重の夫でもある新島襄は、
安中藩士新島民治の子。
市内には「新島襄旧宅」が残されており、
遺品などが展示されています。
少し離れた場所で時間がなかったので訪問は断念。

石垣などの遺構が残っていない安中城ですが、
安中駅から望める東邦亜鉛㈱安中製錬所は巨大な城です。

天空の城ラピュタ」のパズーの住んでいた町の様。
工場萌えの人達には有名な場所ですが、
こちらの方が「」っという雰囲気が出ていますね。

【安中藩】
藩庁:安中城
藩主家:重形流板倉家
分類:3万石、譜代大名

■関連記事■
安政遠足
 藩士達の心身を鍛えるためにマラソン大会を開催。
「幕末まらそん侍」土橋章宏
 安政遠足を題材にした小説。
群馬県富岡市 七日市陣屋跡
 近隣の七日市藩前田家の陣屋跡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。