鳥取県」カテゴリーアーカイブ

鳥取県鳥取市 西御館跡(鳥取西館新田藩)

鳥取藩の支藩鳥取西館新田藩は、
鳥取藩が自領で開墾して増やした新田を、
鳥取藩2代藩主池田綱清が、
弟の池田清定(初代光仲の四男)に分知し、
幕府に認められて立藩した藩です。

もうひとつの支藩鳥取東館新田藩と同様に、
鳥取藩の蔵米を支給される形式で、… 続きを読む

鳥取県鳥取市 東御館跡(鳥取東館新田藩)

鳥取藩の支藩鳥取東館新田藩は、
鳥取藩が自領で開墾して増やした新田を、
初代藩主池田光仲の二男池田仲澄への分知を願い出て、
幕府に認められて立藩した藩です。

特定の領地はなく、鳥取藩の蔵米を支給される形式で、
藩政と呼べるようなものはありません。
分家を諸侯に列しさせるための方便のような藩で、… 続きを読む

鳥取県鳥取市 鳥取城跡

鳥取藩は、因幡伯耆2国(現在の鳥取県)領有した大藩。
藩主家の池田家は外様大名ですが、
幕府より準親藩の扱いを受けました。

織田信長の重臣池田恒興は、
信長亡きあと小牧・長久手の戦い羽柴秀吉続きを読む