幕末維新関連の大河ドラマ」カテゴリーアーカイブ

西郷どん44

第44回「士族たちの動乱」。
西郷は畑仕事をしたり、犬と狩に出たりしていた。
そこへ桐野利秋篠原国幹など、陸軍将校や近衛兵、
そして末弟の小兵衛も鹿児島に戻ってきます。
ちなみに篠原国幹初登場ですが、
この篠原は明治天皇に演習での指揮ぶりを評価され、
「篠原を見習うように」と云わしめたとされ、
その天覧演習地が「習志野」になったとされています。… 続きを読む

西郷どん43

第43回「さらば、東京」。
大久保は閣議にて西郷の朝鮮派遣に反対。
朝鮮など捨て置いて富国強兵をするべきてあると叫びます。
しかし派遣反対を唱えるのは大久保と岩倉具視の2人だけ。
辞職勧告を求められた岩倉は、西郷の朝鮮への派遣を認めます。

閣議で西郷派遣が決定し、あとは明治天皇への上奏のみでしたが、
太政大臣三条実美は過労で倒れてしまいました。
大久保は岩倉になりやら腹案を話します。… 続きを読む

西郷どん42

第42回「両雄激突」。
西郷の家には、欧州に留学する為、
菊次郎市来宗介が身を寄せる。
大久保より文が届き、
不平等条約の改正は難航していると書かれ、
欧米の近代化の様子も記されていました。

菊次郎と宗介は欧州に旅立ち、
西郷は菊次郎に農業を勉強して来いと告げる。
ちなみに菊次郎はアメリカで農業学を学ぶのですが、
結局のところ農業に関係する職には就いていません。
片足で農業は無理だったのでしょうか?

政府では… 続きを読む

西郷どん41

第41回「新しき国」。
いつの間にか廃藩置県は実施されたようです。
新政府は諸制度改革を進め、欧米への使節団派遣が決定。
肥後土佐の連中は薩長主導で進められる事に苛立ち、
使節団の留守中がチャンスだと考えます。

鹿児島の菊次郎の許には、
使節団について欧米へ行くように西郷からの手紙が届く。
島津久光は鹿児島県大参事大山綱良続きを読む

西郷どん40

第40回「波乱の新政府」。
大久保と岩倉具視勅書を持って鹿児島へ。
島津久光に東京に行って力を貸すようにという内容でしたが、
久光は病気を理由にそれを断る。もちろん仮病。
この辺の久光の演技は嫌いではない。
俗物感があって何故か好感が持てるのは僕だけ?

西郷は2人にどういう理由なのかを尋ねると、
大久保は藩を取り潰そうと考えているという。
新政府の財政難を、税収権を取り上げて賄おうという考え。
これに西郷は御親兵続きを読む