青森県東津軽郡 平舘台場跡

弘化4年。平舘オランダ船が現れ、
8人が上陸して、食料が欲しいと村人に伝え、
ぬか漬け大根を貰って帰っています。
翌日、今度はが欲しいとやって来ますが、
村人は無いと言って断りました。
4日後には少し南の野田に上陸して、
また米が欲しいと言ってきましたが、
村人は生大根を与えています。
その後、また平舘に上陸して来たので、
酒と米を渡すと再び現れなくなったという。
この事件は弘前藩に報告され、後に幕府に伝わって、
台場が築かれることになりました。

現在の平舘砲台跡周辺には、道の駅ペンション
オートキャンプ場が集まっています。

平舘灯台」。
青函連絡船の安全な航行を見守った灯台。
平舘のシンボルにもなっています。


平舘台場跡」。
嘉永2年に弘前藩が築いた台場跡。
やや扇形をした土塁に囲まれており、
大砲を据えたと思われる窪地が7ヶ所、
出入口が2ヶ所残されています。
海側から台場を隠す為、
33本の松が植えられました。


台場跡内の様子。
結構な広さがあります。


海側からの台場跡。

嘉永5年。吉田松陰は東北遊学の際に、
宮部鼎蔵と共に平舘台場を訪れました。
東北遊日記」によると、平舘台場には、
常時大砲が置かれていた訳ではないようです。

■関連記事■
青森県外ヶ浜町 蟹田台場跡
 弘前藩が領内に設置した10ヶ所の台場のひとつ。
松陰の東北遊学⑧
 吉田松陰は東北遊学の際、平舘台場を訪れています。
青森県東津軽郡 吉田松陰東北遊日記碑
 鋳釜崎に建てられている吉田松陰の日記碑。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。