山形県東根市 長瀞陣屋跡

長瀞は鎌倉時代に建てられた古い城郭があり、
西根氏によって築かれたと伝わります。

室町時代には最上家の支城として整備され、
最上一族の居城や当主隠居城として使われました。
江戸時代に入ると一国一城令によって廃城となり、
長瀞は山形藩の所領となって領主は数家代わり、
天領となった際に城跡に出張陣屋が建てられたという。

その後、旗本から加増されて大名となった米津家が、
領地替えによって所領の半分を出羽村山に移された為、
長瀞城の跡地に陣屋を設置して長瀞藩となっています。
この長瀞藩米津家は定府大名であった為に、
政務を行う為の簡素な陣屋が建てられました。


長瀞城址」碑。
長瀞城はほぼ正方形の輪郭式平城で、
三重の堀で囲われた大規模な城でした。
地図で見れば現在も正方形に道路が敷かれており、
当時の様子が地図上でもはっきり見えています。


二の堀」。
三重の堀のうち、現在も残る二の堀はほぼ現存。
特に西側は当時の雰囲気を残しています。


陣屋跡」碑。
正方形の中心の十字路にある跡碑。
長瀞陣屋は長瀞城の本丸跡に建てられました。
「二の堀」の内側には「一の堀」があったようで、
現在の正方形の最内の道路が「一の堀」跡で、
この「一の堀」の内側が長瀞陣屋跡。
「二の堀」以外の遺構はありませんが、
住宅の区画から当時を想像できます。

周辺の2つの寺院に陣屋門が移築されており、
その両方が大手門と伝わっています。

禅会寺山門(長瀞陣屋大手門?)」。


長源寺山門(長瀞陣屋大手門?)」。
たぶん片方が長瀞城の大手門で、
もう片方が長瀞陣屋の大手門なのでしょう。

長瀞藩の3代、4代藩主は庄内藩からの養子で、
庄内藩と近い関係でした。
この長瀞陣屋に駐在する藩士は数名しかおらず、
4月8日に天童藩兵による攻撃を受け、
陣屋と城下の大半を焼かれています。

戦後、陣屋を焼かれた長瀞藩は、
藩庁を上総大網に移して大網藩となりますが、
更に常陸龍ヶ崎に移って龍ヶ崎藩となった後、
廃藩置県を迎えました。


【長瀞藩】
藩庁:長瀞陣屋
藩主家:米津家
分類:1万1000石、譜代大名(定府)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。