山形県天童市 天童陣屋跡

織田信長本能寺の変明智光秀に討たれ、
その嫡男織田信忠二条城で討たれています。

織田宗家の家督は清須会議において話し合われ、
羽柴秀吉の推す信忠の嫡男三法師に決定。
これに信長の次男織田信雄は宗家相続を主張し、
徳川家康を味方につけて秀吉と争いますが、
小牧長久手の戦いの末に秀吉と単独和平。
秀吉に織田宗家の相続を認めさせています。
※三法師は廃嫡後、元服して織田秀信を名乗り、
 岐阜中納言として以後秀吉に仕えましたが、
 関ヶ原の戦い西軍として戦った為に改易。

 出家して高野山に入りますが追い出され、
 山麓で生涯を終えたという。

その後は秀吉に仕え小田原征伐に従軍しますが、
家康の関東移封に伴う三河遠江への転封で、
尾張からの移動を拒否した為に改易。
後に許されて御伽衆として豊臣家に仕え、
関ヶ原の戦いで西軍に属して改易となりました。

豊臣家が滅ぶと家康より5万石を与えられ、
四男で嫡子の織田信良小幡2万石を分与。
信良の死後は次男織田信昌が継いでいます。
信雄は隠居領3万1200石で余生を過ごし、
その後、信雄が死去したことにより、
隠居領は信雄の五男織田高長が相続。
これに信昌の家臣団が異議を唱えますが、
幕府の裁定によって高長の相続が認められ、
代わりに信昌が織田宗家と認められています。
こうして信昌の織田宗家は小幡藩2万石として、
家柄から国持格待遇が与えられましたが、
待遇ゆえ出費が多く慢性的な財政難でした。

小幡藩7代藩主織田信邦は、
家老吉田玄蕃と共に藩政改革に取り組み、
その吉田と対立関係にあった松原郡太夫らは、
吉田が山県大弐と幕府転覆を企てていると密告。
信邦は幕府に報告せずに吉田らを処罰したため、
幕府は対応を不適切として信邦を強制隠居させ、
国持格を廃して高畠に移封を命じました。

織田宗家は高畠陣屋を建設して高畠藩が成立。
高畠藩3代織田信美は陣屋を天童に移し、
以後は天童藩として廃藩置県まで続きます。


天童陣屋絵図」。
天童陣屋跡は住宅地となって遺構は殆ど無し。
しかもそのど真ん中線路が敷かれています。


喜太郎稲荷神社」。
天童陣屋を建設する際、
舞鶴山喜太郎稲荷神社より勧請し、
陣屋の守護として祀ったという稲荷神社。
天童を治めていた天童頼直が上洛した際、
家臣狐崎喜太郎伏見稲荷秘術を得ます。
喜太郎は頼直より領民の守護神となるよう命じ、
生神様として社殿が建てられたという。
その後、天童が最上義光に攻められた際は、
喜太郎はその秘術で最上勢を悩ませますが、
遂に敗れて喜太郎は討たれます。
天童勢は落ち延びようとしますが、
関山峠に着く頃には日が暮れてしまい、
暗闇で一行は立ち往生。
するととなった喜太郎が現れて狐火を灯し、
暗闇の中で道案内をしたという。
後の織田家入封の際にこの話にあやかって、
祠を建てて陣屋の守護としたという。


御陣屋の松」。
喜太郎稲荷神社入口をはいってすぐの所に、
陣屋時代からあるという松が残されています。

線路を越えて反対側へ行き、
田鶴町4丁目にある小さな公園へ。

天童織田藩御陣屋跡」。
小さな公園に陣屋跡の標柱が立っています。
何故この位置なのかはわかりませんが、
陣屋内であることは間違いありません。

幕末の天童藩の人物といえば、
真っ先に吉田大八の名が挙げられます。
天童藩は慢性的な財政難にあえいでおり、
大八は救済策として将棋の駒作りに目を付け、
下級藩士らに将棋駒作りの内職を奨励。
武士の内職を批判する声には、
将棋は用兵技術の育成に適した遊戯として、
武士の本分に沿ったものと説得しています。
これが後の「将棋の町天童」の基礎となり、
現在の将棋駒生産量全国9割を占めています。

戊辰戦争が始まり奥羽鎮撫総督が東下すると、
天童藩織田宗家に鎮撫使先導役が任じられ、
名代として大八が藩兵を率いてこの役目を負い、
新政府軍と共に庄内藩兵と戦火を交えますが、
庄内藩の反撃によって天童陣屋が放火され、
3代藩主織田信敏及び隠居の織田信学は、
仙台藩に落ち延びています。

その後奥羽越列藩同盟が結成され、
天童藩もこれに加わりましたが、
先導役を務めた大八は同盟軍から避難され、
藩は列藩の圧力に屈し大八に切腹を命じました。

天童藩は同盟軍として秋田戦争を戦いますが、
米沢藩、仙台藩の相次ぐ降伏を見て、
9月18日に新政府軍に降伏しています。

【天童藩】
藩庁:天童陣屋
藩主家:織田宗家(信良流織田家)
分類:2万石、外様大名

■関連記事■
奈良県桜井市 芝村陣屋跡
 芝村藩主は織田有楽斎の四男織田長政の系譜。
奈良県天理市 柳本陣屋跡
 柳本藩主は織田有楽斎の五男織田尚長の系譜。
群馬県甘楽郡 小幡陣屋跡
 小幡藩領に織田信雄家の墓所があります。
福井県丹生郡 劔神社(織田一族発祥地)
 織田家発祥の地とされる越前国二宮。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。