奈良県桜井市 芝村陣屋跡

織田有楽斎は京都で隠遁する際、
自らの所領3万石のうち、
2万石を四男織田長政に、
1万石を五男織田尚長に分与しました。

そのうち四男長政の系譜は、
芝村藩として江戸時代を通じて継続。
※五男尚長の系譜も柳本藩として続いています。


桜井市立織田小学校」。
芝村陣屋跡は、現在の織田小学校の敷地。
陣屋をイメージしたような校舎がなかなか良い。
校名の「織田」は藩主家から名付けられました。


外壁の石垣は陣屋当時のもの。
安全の為にコンクリートが流し込まれています。

元々は3km南の戒重村に陣屋を構えていましたが、
7代藩主織田輔宜によって陣屋は移転。
移転頃より幕府領9万余石の預かりを任されており、
預かり地の年貢3%が収入に含まれて財政は潤っています。

しかし、預かり地の徴収を過酷にした為、
預かり地の農民が芝村藩の統治の不満を幕府へ訴え、
稲刈りのストライキを行いました。
※通常五公五民の課税が、七公三民以上であったという。
 この事態に幕府はストライキの首謀者を処罰しますが、
 芝村藩の預かり地は全て没収となります(芝村騒動)。

以降より藩財政は困窮し、財政改革を行うも効果なく、
幕末期には膨大な借金を抱えていましたが、
それでも天誅組の乱の鎮圧に参加するなど、
一定の功績は挙げていたようです。

幕府が崩壊すると、以前の預かり地統治の実績からか、
新政府より高取藩と共に、
大和国内の幕府領の取締を命じられますが、
以前の失敗を経験してか、
それほど厳しい徴収はされませんでした。

【芝村藩】
藩庁:芝村
藩主家:長政流織田家
分類:1万石、外様大名

■関連記事■
奈良県天理市 柳本陣屋跡
 柳本藩主は織田有楽斎の五男織田尚長の系譜。
群馬県甘楽郡 小幡陣屋跡
 小幡藩領に織田信雄家の墓所があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。