奈良県桜井市 慶田寺(芝村藩織田家墓所)

慶田寺は15世紀の創建とされ、
芝村藩織田家の菩提寺となった曹洞宗の寺院。


山門」。
慶田寺の山門は芝村陣屋南門を移築したもの。
正面は水田となっていますが、
それが堀の様な感じになっており、
参道はその水田を迂回しています。


本堂」。
慶田寺は十一面観音菩薩立像が有名で、
ほほえみの観音様とも呼ばれる平安古仏という。
拝観には事前連絡が必要のようですが、
今回のお目当ては織田家墓所ですので、
拝観はしていません。


織田家墓所」。
裏手の墓地にある織田家の墓所。
綺麗に整備されています。
立札も建てられていてどれが誰の墓か、
すぐにわかるのが良いですね。


正傳院殿如庵有楽大居士」。
織田有楽斎の墓。
初代織田長政の父で織田信長の弟。
茶の湯に秀て自ら茶道有楽流を創始しています。
関ヶ原の戦いでは東軍に属しますが、
戦後は徳川家康に仕えずに豊臣家に仕え、
大坂城豊臣秀頼を補佐しました。
大坂冬の陣でも大坂城内で戦い、
大野治長と共に和睦に尽力しましたが、
夏の陣前に大坂城を離れて京都に隠棲。
3万石の所領を四男の長政と、
五男の織田尚長に1万石ずつ分与し、
自らは1万石を隠居領としました。
この長政と尚長の系譜が続き、
芝村藩織田家と柳本藩織田家になります。
この墓と同じように柳本藩織田家の墓所にも、
無縫塔の墓がありますが、
実際に有楽斎が葬られているのは、
京都の正伝永源院との事。


初代織田長政公之墓」。
※戒名が読み取れませんでした。
初代藩主織田長政の墓。
有楽斎の四男で父より1万石を分与され、
戒重村に陣屋を開いて戒重藩を立藩。
藩政の基礎を造り上げました。


二代織田長定公之墓」。
※同じく読み取れず。以下同じ。
2代藩主織田長定の墓。
初代長政の長男として生まれ、
父の隠居によって家督を相続します。
13年の治世の後に死去。


三代織田長明公之墓」。
3代藩主織田長明の墓。
2代長定の長男として生まれ、
父の死去に伴い家督を相続しますが、
生来病弱であった為に早々に養子縁組を進め、
宇陀松山藩より織田長清を養嫡子に貰い、
隠居して国許で余生を過ごしました。


四代織田長清公之墓」。
4代藩主織田長清の墓。
宇陀松山藩3代織田長頼の三男として生まれ、
戒重藩3代長明の養子となり、
長明の隠居に伴い家督を相続しました。
藩校遷喬館を設立するなど藩士に文武を奨励。
陣屋を戒重村から岩田村に移す事を計画し、
※岩田村は芝村に改称されます。
幕府の許可を得ましたが、
財政難によって延期するに至り、
長清存命中に移転する事は出来ませんでした。

その後、7代織田輔宜の時代に、
ようやく陣屋が芝村に移転される事となり、
幕府領の預かりも命じられています。
8代織田長教の代には預かり地は9万石となり、
その経営も順調でしたが、
一揆が発生し後に役人の不正が発覚。
預かり地はすべて没収されてしまいます。


九代織田長宇公之墓」。
9代藩主織田長宇の墓。
8代長教の長男として生まれ、
父の隠居により家督を相続しますが、
預かり地の没収などで藩財政は悪化しており、
改革を行うも効果はありませんでした。


従五位織田平長猷墳」。
12代当主織田長猷の墓。
11代織田長易の長男として生まれ、
廃藩置県後の明治6年に家督を相続。
広瀬神社の宮司を務めていますが、
僅かな期間で病死しています。

他の藩主の墓所は江戸の泉岳寺重秀寺
江戸で死去した藩主が葬られているようです。

■関連記事■
奈良県桜井市 芝村陣屋跡
 芝村藩織田家の陣屋跡。
福井県丹生郡 劔神社(織田一族発祥地)
 織田家発祥の地。