福井県丹生郡 劔神社(織田一族発祥地)

福井県丹生郡に織田という地名があります。
ここがかつての越前国織田荘で、
織田一族の発祥の地とされています。

織田氏は平資盛の庶子平親真を祖とし、
織田荘の荘官または劔神社神官であったとされ、
次第に越前の有力国人として成長し、
越前守護斯波家の家臣に組み込まれました。
その後、斯波家が遠江および尾張守護も兼ねると、
織田一族は尾張に移住し、
守護代を世襲するようになります。

しかし応仁の乱を経て一族が分裂し、
織田大和守家織田伊勢守家が対立。
支流の弾正忠家織田信秀も勢力を拡大しました。


織田信長像」。
バスターミナル前にある織田信長の像。
父信秀の死後に家督を継いだ信長は、
主君の斯波家を滅ぼした大和守家を滅ぼし、
次いで伊勢守家も滅ぼして尾張を統一します。
そして今川義元桶狭間の戦いで破り、
その後は近畿一円に勢力を拡大し、
天下統一事業を進めていきますが、
本能寺の変明智光秀に討たれました。


劔神社」。
越前国二宮(一宮は敦賀の氣比神宮)。
社名のように御神体は神剣で、
垂仁天皇の皇子五十瓊敷入彦命が作らせた神剣で、
仲哀天皇の皇子忍熊王が譲り受け、
この剣を持って高志国の賊徒討伐に成功したという。
※忍熊王は後に神功皇后と戦って自害。
後に素盞嗚命の神霊をこの地に勧請し、
この神剣を御霊代として祀ったのが由緒です。
斯波氏、朝倉氏、織田氏などの歴代領主に保護され、
特に織田家では氏神として敬われました。
後に柴田勝家が越前を与えられた際にも、
主君の氏神として崇敬しています。


織田一族発祥地」碑。
織田氏は劔神社の神官だったとも伝えられており、
発祥地の碑が境内に建てられています。

本能寺の変で信長および嫡嗣織田信忠は自刃。
羽柴秀吉が光秀を討った後の清須会議で、
信忠の嫡男織田秀信(三法師)が後継者と決定し、
その後は秀吉が台頭して豊臣政権に移行。
秀信の元服後も政権は譲渡されず、
岐阜一国が与えられたのみでした。
後の関ケ原の戦い西軍であった為に改易され、
高野山に追放されて失意の中で病死。
織田弾正忠家の嫡流は滅びます。

一方、信長の次男織田信雄と三男織田信孝は、
それぞれ秀吉と勝家に擁立されて対立。
賤ケ岳の戦いで秀吉が勝利すると、
後ろ盾を失った信孝は秀吉に降伏しますが、
信雄の命によって切腹させられました。

信雄も秀吉と対立するも敗れて秀吉に従い、
後の関ケ原の戦いで西軍として参加した為に改易。
大坂城豊臣秀頼に仕えますが、
大坂冬の陣の直前に徳川家康へ転身し、
豊臣家が滅んだ後に5万石を与えられています。
系譜は四男織田信良小幡藩主を経て天童藩主として、
五男織田高長宇陀藩主を経て柏原藩主として続き、
天童藩織田家が織田宗家とされました。

他の信長の子らは殆ど改易や病死で途絶え、
残った者は旗本高家、諸藩家臣となっています。
他に信長の弟織田有楽斎の系譜として、
芝村藩織田家、柳本藩織田家として続き、
織田家の大名家は幕末維新期までに4家残りました。

■関連記事■
山形県天童市 天童陣屋跡
 天童藩織田宗家の陣屋跡。信雄の系譜。
奈良県桜井市 芝村陣屋跡
 芝村藩織田家の陣屋跡。有楽斎四男長政の系譜。
奈良県天理市 柳本陣屋跡
 柳本藩織田家の陣屋跡。有楽斎の五男尚長の系譜。