奈良県天理市 柳本陣屋跡

織田信長の弟織田有楽斎は、
本能寺の変後に徳川家康に接近し、
小牧長久手の戦いでも家康に味方しています。
豊臣政権期には、豊臣秀吉御伽衆となりますが、
関ヶ原の戦いでも家康に味方しました。

しかし戦後は家康に仕えず、豊臣家家臣として仕え、
豊臣秀頼の大叔父として淀君を補佐。
徳川方との対立にも穏健派として交渉にあたり、
大坂冬の陣でも和平に向けて行動し、
大野治長と共に講和を実現します。
しかし、その後再戦に向かう大坂城内において立場を失い、
大坂城を退去して京都で隠遁して茶の湯に専念。
自らの所領3万石のうち、1万石を隠居料とし、
残りは1万両ずつ四男の織田長政
五男の織田尚長に与えました。

このうち五男尚長の系譜が、柳本藩となっています。
※長政の系譜も芝村藩として存続。


天理市立柳本小学校」。
現在の柳本陣屋跡は。柳本小学校の敷地内。


(黒塚古墳)」。
土地柄、古墳が多く点在していますが、
古墳の周濠が堀の一部として利用されます。
中世には黒塚古墳の上に柳本城が築かれており、
城域となった古墳自体に庶民が立ち入る事ができず、
盗掘の被害を防いだようで、
古墳の調査では多くの品が発掘されました。

天理市柳本から移動して橿原市へ。
柳本陣屋の御殿は、橿原神宮に移築保存されており、
「文華殿」として利用されているとの事。

橿原神宮文華殿(織田屋形)」。
わざわざ行ってみましたが、文華殿は非公開でした。
調べればすぐにわかることなんですけどね。

柳本藩4代藩主織田秀親は、
大聖寺新田藩藩主前田利昌と仲が悪く、
利昌は秀親殺害を計画し、
寛永寺の宿坊で家老と共に秀親を殺します。
もちろん利昌は切腹となりますが、
秀親を殺された柳本藩も断絶の危機。
名門織田家の断絶を惜しんだ幕府の裁量によって、
織田成純が家督を継ぎました。

名門とはいえ1万石の小藩。
江戸後期には他藩と同様に財政難に陥り、
11代藩主織田信陽は、藩士や知行削減を行っています。
これにより一時財政難は緩和されていますが、
幕府によって城主格大名に昇進となり、
また領内行燈山古墳(崇神天皇陵)の修復も命じられ、
天誅組の鎮圧にも兵を出しています。

このような状況で維新を迎え、
12代藩主織田信成は朝廷からの上洛要請に対し、
病気を称して情勢を静観。
鳥羽伏見の戦いが新政府の勝利で終わると、
織田信及を名代として参内させ、
恭順の意思を示すとともに隠居し、
信及が13代藩主となりました。
信及は崇神天皇陵景行天皇陵の修復を願い出るなど、
新政府に対し勤皇をアピールしています。

【柳本藩】
藩庁:柳本陣屋
藩主家:尚長流織田家
分類:1万石、外様大名

■関連記事■
奈良県桜井市 芝村陣屋跡
  芝村藩主は織田有楽斎の四男織田長政の系譜。
群馬県甘楽郡 小幡陣屋跡
 小幡藩領に織田信雄家の墓所があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。