群馬県甘楽郡 小幡陣屋跡

上信電鉄上州福島駅で下車し、
貸自転車を借りて小幡陣屋跡へ。
自転車を駅で借りられるのはとても便利ですね。
駅から4kmの道のりです。


甘楽郡周辺(小幡陣屋跡の場所)
駅から県道197号線をまっすぐ南に進みます。


甘楽社小幡組由来碑」。
途中のJA甘楽富岡・甘楽支所の敷地にある石碑。
この地の製糸組合甘楽社小幡組の由来が刻まれており、
邑ニ養蚕セザルノ家ナク製絲セザルノ婦ナシ
訳:村に養蚕をしていない家は無く、
  製糸をしていない女性は居ない
と書かれており、当製糸が盛んだった様子が感じられます。


雄川堰」。
甘楽郡を流れる雄川の上流より取水して、
城下町に流れるように開削された用水路。
川沿いの桜並木は江戸時代初期のものらしく、
養蚕農家群と並んだその景観は、
とても魅力的なものです。
名水100選にも選ばれているとのこと。


小幡の中小路」。
城下の中心に位置する中小路。
きれいに整備されており、藩政当時を偲ばせます。


高橋家住宅」。
藩の勘定奉行を務めていた高橋家の屋敷。
小幡の武家屋敷の中で、
昔の様子を最も残しているのがこの高橋家。
屋敷や庭園、石垣等が当時のまま残され、
貴重な遺構となっています。


松平家大奥」。
奥方と何人かの腰元が住んでいたとされる屋敷。
陣屋外に設けられた奥方の屋敷を、
大奥と呼んで良いのかは謎です。
ここにペリー来航の際に、
江戸城大奥の女官15~16名を疎開させたとの事。


喰い違い郭」。
有事の際の防衛上のために造られたものとされ、
また下級武士が上級武士を避けるために、
使われたともされます。


中門」。
中小路より御殿前通りに入り、
突き当りが陣屋入口となっています。
ここから先は本来有料なのですが、
たまたま無料開放していました。


拾九間長屋」。
藩邸の職務従事者の居住した拾九間長屋
最近復元されたようで、
内部は資料館や事務所となっています。


土塀と空堀」。
陣屋内には土塀と空堀が復元されており、
L字型に御殿を囲むように配置されています。
空堀は本当はもっと深く掘られていたのでしょうが、
安全のためか窪み程度しかありません。


御殿跡」。
コンクリートの平面に部屋割りがされており、
どのような配置がされていたかがわかります。
小幡藩松平家は城主格大名ですので、
小幡城と呼ばれる事もありますが、
その構造は陣屋そのものです。


楽山園」。
御殿跡の隣にある国の名勝指定の大名庭園。
織田信長の次男織田信雄築庭の池泉回遊式庭園で、
名称の由来は「論語」の一節より引用したようです。

後に織田家から忠尚系奥平松平家に藩主が代わりますが、
領地の実高とか気候とか当たり外れがあるでしょうけど、
その藩庁にも当たり外れがあるんじゃないでしょうかね。
その意味では、楽山園を有する小幡陣屋は、
大当りではないでしょうか?
下手な写真では伝わらないかもしれませんが、
素晴らしい景観でした。

小幡陣屋を出て織田家の墓所に行ってみます。
小幡藩松平家の墓所は東京墨田区弘福寺で、
小幡にはありません。譜代藩あるあるです。

織田宗家七代の墓」。
小幡藩織田家の墓所。
ちょっとややこしいのですが、
小幡藩は、信雄の所領5万石のうち甘楽郡2万石を、
四男で嫡子の織田信良に分地して立藩したもの。
残りの3万石は隠居領として生涯手放しませんでした。
信雄の死後、その隠居領は五男織田高長が相続。
嫡流なのに分地、庶流なのに相続という変な図式となり、
小幡藩は抗議しますが、幕府は高長の相続を認めました。
高長は宇陀藩を立藩して続き、
後に柏原藩に転封となって維新を迎えますが、
小幡藩織田家は、7代続いた後に高畠藩に減封となり、
後に天童藩となって維新に至りました。


織田信雄の墓」。
藩祖である信雄の墓を建てる事で、
宗家であると主張したのでしょうか?
信雄は、信長の子の中で一番出来が悪かったという。
本能寺の変の際には何故か安土城を自焼させ、
清州会議では当主に擁立されず、
小牧長久手の戦いでは徳川家康に無断で和睦。
挙句に関ヶ原の戦い後に改易させられ、
豊臣方を頼りますが、大坂の陣直前に寝返っています。
晩年は自分の所領をいつまでも嫡子に相続させずに、
最後まで手放しませんでした。
なんとも自分勝手な人物だったようですね。

小幡藩織田家7代藩主織田信邦は、
家老吉田玄蕃と共に藩政改革に取り組んでいましたが、
その吉田と対立関係にあった松原郡太夫らは、
吉田が師の山県大弐と幕府転覆を企てていると密告。
信邦は幕府に相談することなく吉田らを処罰したため、
幕府はその対応を不適切として信邦を強制隠居させ、
高畠藩に懲罰的な移封を命じました。

代わって小幡藩に入ったのが、忠尚流奥平松平家
3代藩主松平忠恵の頃、江戸中屋敷に鼠小僧次郎吉が侵入し、
藩士らがこれを捕縛するという功績も挙げていますが、
藩の財政は困窮していたという。

ちなみに彰義隊の頭取天野八郎は、小幡藩領磐戸村の出身。
名主の大井田吉五郎の次男として生まれ、
与力の養子となりましたが、すぐに離縁となって、
旗本天野氏を勝手に自称したという。
つまり本当は幕臣ではなかったのですが、
いつの間にか彰義隊のトップとなった不思議な人物です。

幕末の小幡藩主は4代松平忠恕
寺社奉行奏者番を兼任しています。
天狗党の乱では、天狗党を迎え撃つ為、
高崎藩兵と共に出陣しますが、戦ったのは高崎藩兵のみで、
小幡藩兵は戦闘に参加しませんでした。
その後、鳥羽伏見の戦い後に新政府に恭順し、
戊辰戦争に104名の藩兵を出陣させ2名が戦死。
また上野国各所で勃発する世直し一揆に抵抗できず、
一揆勢の要求を呑んで大損害を被っています。

【小幡藩】
藩庁:小幡陣屋
藩主家:忠尚流奥平松平家
分類:2万石、譜代大名

■関連記事■

群馬県高崎市 吉井陣屋跡
 近隣の吉井藩松平家の陣屋跡。
群馬県高崎市 高崎城跡
 近隣の高崎藩松平家の居城跡。
群馬県富岡市 七日市陣屋跡
 近隣の七日市藩前田家の陣屋跡。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。