群馬県高崎市 高崎城跡

高崎中山道三国街道の交わる交通の要所で、
北条氏の滅亡後に徳川家康が江戸に入った際には、
徳川四天王のひとり井伊直政を12万石で配して、
北方の守りを固めさせました。

直政は箕輪城から、街道の交わる和田に拠点を移し、
近世城郭を築いて地名も高崎に改めます。
直政ははじめ松ヶ崎と命名するつもりでしたが、
松は枯れることがあるが、高さには限りがない
という進言により、高崎という名にしたとされています。

こうして高崎の発展が始まるのですが、
直政は石田光成の居城であった佐和山に移封となり、
わずか2年で高崎を去りました。
※その後、井伊家は拠点を佐和山から彦根に移して、
 幕末まで彦根藩を発展させています。

その後、酒井忠次の長男酒井家次が5万石で入り、
戸田松平家、藤井松平家と、領主が入れ替わり、
安藤重信が入って3代続いた末に、
安藤家は備中松山藩へ加増転封となり、
代わって大河内松平家松平輝貞が入ります。
一時、6代将軍徳川家宣に疎んじられ、
越後村上藩に懲罰的転封となりました、
8代将軍徳川吉宗の頃に再び高崎に戻り、
幕末まで大河内松平家が治めました。
※松平輝貞の村上移転後は、間部詮房が入封。
 高崎へ戻された際には、間部は村上に移封されました。

藩庁の高崎城は、本丸付近は発展して面影が無いものの、
三ノ丸土塁水堀が残されています。


三ノ丸出枡形」。
駅より歩いて高崎城へ向かうと最初に現れる遺構で、
直線状の三ノ丸水堀の中で、唯一凸状になった場所。


三ノ丸水堀」。
先ほどの出枡形以外は、まっすぐ直線状に伸びた水堀。
土塁の上は遊歩道になっていて歩くことが出来ます。


乾櫓」。
追手門跡には、本丸にあった乾櫓が移築されています。
この乾櫓は、本丸の戌亥(北西)の方角にあった櫓で、
維新後の廃城の際に、農家に払い下げられていたものを、
昭和51年に再移築したもので、
農家では納屋として使用されていました。


東門」。
乾櫓裏手には、出枡形隣にあった東門が移築されています。
東門は城内への通用門で、昼間は常時開けられていました。
これも廃城時に払い下げられていたようで、
昭和55年に再移築されたもの。


歩兵第十五連隊址」碑。
明治4年の廃城後、高崎城跡は陸軍省の所管となり、
昭和20年の終戦まで陸軍兵営が置かれていました。
この兵舎には歩兵第十五連隊が駐屯し、
高崎は十五連隊の街とも呼ばれています。
本丸などの城の中心部に遺構が無いのは、
更地に整備されて兵舎などが建てられ、
近代的な軍事施設となったからでしょう。


史跡 高崎城址」碑。
追手門跡北側にあります。


本丸のあった付近の現在の様子ですが、
かつて城があったとはとても思えませんね。


石垣水路と石樋」。
中央図書館敷地より出土した石垣水路石樋跡で、
本丸掘と二の丸堀を結んでいた石垣水路とのこと。
数少ない高崎城内部の遺構です。

幕末の高崎藩藩主家は、前記したように大河内松平家。
天狗党の乱が勃発すると、幕命により兵を派遣して、
下仁田で天狗党と衝突し、36名の死者を出しました。
この敗北によって兵制改革が必要と感じたのか、
農兵を募り「強心隊」を結成しています。

飛地の越後一ノ木戸には陣屋が置かれていましたが、
長岡藩に隣接していたことから、一ノ木戸陣屋では、
独自で奥羽越列藩同盟に加担することとなり、
鳥羽伏見の戦い後に恭順した本藩とは別行動を取ります。
同盟軍として北越戦争を戦った一ノ木戸の高崎藩士らは、
越後に出陣した高崎藩兵との戦闘を避け、
会津に赴いて会津戦争に参加しました。

最後の藩主松平輝声は、甲府城代奏者番陸軍奉行並と、
幕府要職を歴任していますが、新政府に恭順した際は、
松平姓を捨てて大河内を名乗っています。

明治2年には八公二民の年貢凶作に耐えかねた領民達が、
高崎5万石騒動」と呼ばれる一揆を起こします。
約4000人の農民が高崎城下に押し寄せましたが、
訴えは聞き入れられず首謀者は捕えられて斬首。
領民達の廃藩置県まで適えられることはありませんでした。

【高崎藩】
藩庁:高崎城
藩主家:信興流大河内松平家
分類:5万2000石、譜代大名

■関連記事■
群馬県甘楽郡 小幡陣屋跡
 近隣にある小幡藩松平家の陣屋跡。
群馬県安中市 安中城跡
 近隣にある安中藩板倉家の居城跡。
群馬県高崎市 吉井陣屋跡
 近隣にある吉井藩松平家の陣屋跡。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。