秋田県由利本荘市 龍門寺(亀田藩岩城家墓所)

龍門寺南北朝時代の当主岩城朝義により、
陸奥国磐城に開山した寺院。
岩城家亀田に転封となった際に、
磐城の龍門寺より住職を招いて創建されました。


龍門寺」。
龍門寺は岩城家菩提寺として亀田藩の庇護を受け、
広大な七堂伽藍が並んで隆盛していたとされますが、
江戸期に3度の火災に見舞られており、
現在の本堂は昭和35年に再建されたもの。

岩城家墓所は本堂裏の山麓にあります。

岩城家墓所」。
歴代藩主の墓所で竜門寺の火災でも焼失を免れ、
そのまま現存しています。


御霊屋」。
正面にある御霊屋。
岩城家累代と2代藩主岩城宣隆の位牌、
3代岩城重孝と8代岩城隆喜の木造が安置されています。
※墓所にある説明板には宣隆を初代と数えており、
 重孝は2代、隆喜は7代となっています。



藩主の墓碑である五輪塔鞘堂付き。
雪雨から墓石を守る為のもので、
雪国の藩主の墓所ではおなじみですね。

五輪塔は全部で6基。
4代秀隆、5代隆韶、8代隆喜、11代隆政
9代隆永の室のもの。
そして幕末の藩主12代岩城隆邦のもの。
他に東京の総泉寺から移葬された納骨堂がありました。

故出羽亀田城主修理大夫平隆政
 憲正院殿知徳勇道大居士
」。
11代藩主岩城隆政の墓。
8代隆喜の六男で9代10代は兄が継ぎますが、
双方共に早逝してしまった為、
家督を継いで11代藩主となりました。
※9代隆永は享年19歳。10代隆信は享年18歳。
しかしこの隆政も20歳で病死しています。


故従三位子爵岩城隆邦
 峻徳院殿忠巌隆翁大居士
」。
12代藩主岩城隆邦の墓。
兄達3人が相次いで早逝してしまった為、
急遽家督を継いで12代藩主に就任。
王政復古後は東北諸藩の中でもいち早く参内し、
新政府勤皇を誓っていますが、
奥羽越列藩同盟、新政府双方を裏切る結果となり、
最終的に新政府軍に降伏して隠居を命じられました。
兄達と違い享年68歳と長生きしています。

■関連記事■
秋田県由利本荘市 亀田城跡
 亀田藩岩城家の陣屋跡。模擬の城門が建てられています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。