秋田県由利本荘市 亀田城跡

鎌倉幕府地頭であった岩城家は、
豊臣政権では磐城平12万石を安堵されていましたが、
当主岩城貞隆徳川家康による会津征伐に参加せず、
兄の蘆名盛重や弟の多賀谷宣家と共に改易されます。
※貞隆は佐竹家当主佐竹義重の三男。
 蘆名盛重は次男で多賀谷宣家は四男。
 貞隆以外は改易後、佐竹家に戻った。

貞隆は浪人となりますが、大坂の陣で活躍した為、
川中島1万石を与えられて岩城家は再興。
後に出羽国由利郡に加増転封され亀田藩となりました。
貞隆の跡を継いだ岩城吉隆は佐竹家の養嫡子となり、
久保田藩の2代藩主佐竹吉隆となった為、
亀田藩は多賀谷宣家が岩城宣隆となって相続しています。
※亀田藩は幕府より所領を拝領した独立藩でしたが、
 藩主は佐竹家の親族で支援も受けていた為、
 初期の亀田藩は殆ど支藩の扱いであったようです。

 この変則的な藩主継承から、
 吉隆は亀田藩2代藩主には数えられていません。

以後4代久保田藩佐竹家とは血縁で結ばれますが、
5代目以降は仙台藩伊達家の血縁となり、
領地が隣接している事から紛争もあった事や、
亀田藩士秋田退散事件により、
両藩の関係は悪化していきました。
※亀田藩士秋田退散事件=100余人の藩士が脱藩し、
 隣の秋田へ逃げた事件。
 亀田藩の対応から久保田藩が亀田藩と断交。
 その後亀田藩が詫びを入れて断交は解消しています。


亀田藩の藩庁である亀田城陣屋形式であったようですが、
8代藩主岩城隆喜の代に城主格となった為、
亀田城と呼ばれています。

亀田城」。
立派な櫓門が建てられていますが、
これは模擬の城門です。
このような立派な石垣は無かった模様で、
実際の陣屋跡はこの門の前にあるグランドあたり。


亀田城佐藤八十八美術館」。
門の先には美術館が建てられています。
実業家佐藤八十八の寄附により平成3年に開館。
豪商佐藤家が収集した美術品500点を展示しています。

亀田城を出て気になる天守風の建物へ。

天鷺村」。
歴史資料館及び建物保存観光施設
農家武家屋敷が移築されている他、
天鷺城という模擬天守が建てられています。
亀田藩は2万石の小藩ですので、
このような立派な天守はもちろんありません。
中はショップ・レストラン・宴会場等。
施設名の天鷺村は、この地に豪族天鷺速男が居を構え、
近郷を統治していた事によるとの事。
坂上田村麻呂と戦って亡んだと伝えられています。

新政府の樹立後、諸大名は上京して参内するよう命じられ、
亀田藩ではこれに家老や重臣を派遣して時世を探り、
その結果を12代藩主岩城隆邦に報告します。
これを踏まえて隆邦は上京を決意。
朝廷に参内して新政府に勤皇を誓いました。

その後、帰国が許された隆邦は亀田に帰りますが、
新政府に疑念を抱く仙台藩米沢藩奥羽諸藩を招集。
亀田藩もこれに招集されて重臣を派遣し、
奥羽越列藩同盟に加入しています。
しかし隣の久保田藩が仙台藩の使者を斬って同盟を離反。
征討軍を再編した新政府軍は庄内征伐に出発しますが、
亀田領に接近すると不審であるとして戦書を送ります。
驚いた亀田藩は嘆願書を提出して弁明。
神谷男也を隊長として136人の藩兵を派遣し、
神谷隊は先鋒を命じられました。

新政府軍は各地で連敗し新庄城は落城。
同じく矢島陣屋本荘城も陥落し、
勢いづいた同盟軍は秋田へ向けて進軍します。
亀田藩は御前会議を開いて善後策を検討し、
同盟軍への降伏が決定し、
庄内藩に使者を送って存意書を提出。
隆邦も自ら人質として庄内藩に赴いて弁明し、
以後、亀田藩兵は庄内軍に組み込まれて新政府軍と戦います。
※新政府軍側で戦った際に隊長の神谷男也は、
 長州軍監山本登雲助鉄扇で殴られたと伝えられていますが、
 この山本登雲助という人物は長州側資料には見当たりません。

椿台の会戦で大敗を喫した庄内藩は、
各地から撤退して自領防衛に専念する事となり、
亀田藩兵も撤退しますが、庄内藩はこれを援護した後に撤退。
共に戦った亀田藩を守っています。
亀田城下は久保田藩によって焼き払われており、
亀田藩は新政府軍に降伏。
2千石の減封藩主岩城隆邦の隠居を言い渡され、
戊辰戦争を終えています。

【亀田藩】
藩庁:亀田城(亀田陣屋)
藩主家:岩城家
分類:2万石、外様大名

■関連記事■
秋田県由利本荘市 龍門寺(亀田藩岩城家墓所)
 亀田藩岩城家の歴代墓所。
秋田県秋田市 久保田城跡①/
 隣藩の久保田藩佐竹家の居城跡。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。