青森県平川市 碇ヶ関御関所跡

碇ヶ関御関所弘前藩が設置した南側国境の関所で、
陣も備えた宿場町であった為に、
地域一帯が城下町の様相を呈していたとされ、
弘前城から見ると出城のようなものでもありました。


関所之跡」碑。
平川を天然の堀として番所大橋を渡り、
高麗門をくぐって関所に入るようになっていました。

この高麗門が道の駅いかりがせきに再建されています。

高麗門」。
道の駅として賑わう場所に再建されており、
近くには関所資料館も設置されています。
幕府の巡検使はこの関所の厳重さを、
箱根の関所も及ばない」と記しました。
弘前藩は東に盛岡藩八戸藩。南に久保田藩と、
あまり友好的ではない藩に囲まれており、
どの関所も厳重であったようです。

とはいえ吉田松陰宮部鼎蔵もここを通っており、
怪しい者でなければちゃんと通れたようですね。

■関連記事■
青森県上北郡野辺地町 藩境塚
 黒石藩と盛岡藩の藩境。
青森県弘前市 弘前城
 弘前藩津軽家の居城跡。
山口県山口市 野坂御番所跡
 友好的な藩同士ならばそれほど厳重ではないようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。