茨城県筑西市 下館城跡

下館城室町時代結城氏広の家臣水谷勝氏が、
下館を与えられて築城したのが始まりとされますが、
藤原秀郷平将門追討の際に築城したともされます。

江戸時代に入っても水谷家の居城でしたが、
2代藩主水谷勝隆成羽藩に加増転封となり、
下館は水戸藩藩主徳川頼房の長男松平頼重に与えられ、
水戸藩の支藩となりました。
その後頼重は高松藩へ加増転封となり、
代わって増山正弥西尾藩より入りますが、
正弥は長島藩へ再度転封となり、
井上正岑丹波亀山藩より入ります。
その正岑も笠間藩へ転封となって黒田直邦が入封しますが、
こちらも沼田藩に転封。
めまぐるしい藩主家交代の後に石川総茂が入封し、
以降は石川家が下館を治めました。

この石川家は伊勢亀山藩の支藩で、
宗家が膳所藩であった頃に神戸藩として立藩し、
宗家、支藩共に転封しています。


城山八幡神社」。
現在の下館城跡は宅地化しており、
その面影を殆ど無くしています。
本丸跡城山八幡神社の境内となっており、
跡碑や説明版が設置されています。


下館城址」碑。
神社境内の南西角には跡碑が建てられています。
柵の向こうの通路はの跡のようですが、
言われなければそうだとは思えません。


社殿」。
時期は不明ながら藩政時代より八幡社あったという。
城内に武神である八幡神を祀るのは、
さして珍しい事ではありません。


贈従四位澀谷君碑銘」。
境内に建てられている渋谷伊予作の碑。
渋谷は下館藩士渋谷利左衛門の長男として生まれ、
6尺の身長の偉丈夫で武術に長けていた他、
頭脳明晰で諸学に通じて弁も立ち、
体に似合わず子供のような優しい声だったという。
攘思想に目覚めて文久元年に脱藩。
京都で八木成太郎と名乗って中山忠光に仕えて、
長州に下向するなど忠光に近習しました。
吉村寅太郎ら尊攘浪士が大和行幸の先駆けとして、
大和で討幕の挙兵を行う事を忠光に持ち掛けると、
忠光と共にこれに賛同して天誅組に参加しています。
しかし京都での政変で大和行幸は中止となり、
天誅組は諸藩の追討を受けて瓦解。
渋谷は天誅組の挙兵が義挙である事を主張する為、
津藩の本陣に赴きましたが捕らえられ、
京都六角獄に送られました。
渋谷の潔い態度に津藩は助命を請うたともされますが、
元治元年2月16日に斬首されています。

幕末の藩主9代石川総管は、大坂加番講武所奉行
陸軍奉行並若年寄を歴任していましたが、
宗家の伊勢亀山藩に従って新政府に恭順。
しかし土方歳三率いる旧幕諸隊が下館城に迫り、
二門の大砲を据えて威嚇して降伏を勧告すると、
軍資金200両兵糧を贈って許しを乞い、
総管は城を出て水戸藩に逃れています。
宇都宮の戦いが新政府軍の勝利に決すると、
下館に戻って新政府軍に藩兵450名を派遣。
戦後、鳥羽伏見の戦い当時に若年寄以上の幕閣に対し、
隠居や謹慎等の処分が行われていますが、
宗家と共に新政府に協力的であった為か、
総管に対する処分は行われませんでした。
※伊勢亀山藩は桑名藩征討の先鋒を務めています。

【下館藩】
藩庁:下館城
藩主家:家成流三河石川家
分類:2万石、譜代大名

■関連記事■
三重県亀山市 伊勢亀山城跡
 宗家の伊勢亀山藩石川家の居城跡。
奈良県五條市 五條代官所跡
 渋谷ら天誅組が襲った五條代官所跡。
栃木県宇都宮市 宇都宮城跡
 新政府軍と旧幕府軍の激戦が行われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。