兵庫県赤穂市 花岳寺(赤穂藩森家墓所)

花岳寺赤穂藩浅野家初代浅野長直によって創建され、
浅野家の菩提寺となっていましたが、
元禄赤穂事件によって浅野家は改易となり、
藩主家が永井家を経て森家に代わった後は、
赤穂藩森家の菩提寺となっています。


本堂」。
二重屋根、扇垂木の立派な本堂
土間の天井には巨大な「竹に虎」が描かれています。
駐車場は境内の中にありますが、
訪問後も車で境内から出ることになり、
山門の写真を撮る事を忘れましたが、
花岳寺の山門は赤穂城塩屋惣門を移築したもの。
撮り忘れが非常に悔やまれます。

墓所への拝観は有料で大人400円。

忠義塚」。
赤穂義士の50回忌を記念して建てられたもので、
亀趺の付いた立派なもの。
赤穂義士の墓所の前に建っています。


赤穂義士墓所」。
切腹した赤穂義士は江戸の泉岳寺に埋葬されていますが、
37回忌に森家赤穂藩の有志によって建てられ、
遺髪が納められたとされています。
中央は3代藩主浅野内匠頭長矩の墓で、
左右に大石内蔵助良雄大石主税良金の墓。
以下、壁沿いに義士達の墓が並んでいます。


浅野家霊廟」。
赤穂藩浅野家の位牌が納められた霊廟
森家ではなく浅野家の霊廟があるのが不思議でしたが、
これは大正7年に浅野宗家(元広島藩主)が寄進したもの。
この霊廟の脇に森家霊廟役瓦が残されおり、
かつては森家の霊廟があったようです。


義士宝物館」。
浅野家や義士関連の資料や遺品が展示されており、
吉良上野介止めを刺した短刀など、
ものすごいお宝が展示されていました。
この奥には義士木像堂もあり、
四十七士の木像が安置されています。

墓域へ。

捐舘 華嶽院殿鋳山道牛大居士」。
真壁藩笠間藩藩主浅野長重の墓。
赤穂藩初代浅野長直によって建立されたもの。
浅野長政の三男で兄の浅野幸長が家督を継ぎ、
長政は隠居料として5万石を与えられていましたが、
その遺領を父の死去後に相続して真壁藩を立藩。
後に笠間に藩庁を移して笠間藩となりました。


捐舘 久岳院殿前朝散太夫行少府僚湖山常清大居士 神儀」。
初代浅野長直の墓。
父の跡を継いで笠間藩主となり、駿府城代大坂加番を務め、
赤穂藩池田家の改易によって赤穂藩の受け取りを担当。
このまま国替えが行われて赤穂藩主となっています。


捐舘 景永院殿前朝散大夫行釆女令心巌異即大居士 神儀」。
2代浅野長友の墓。
長直の隠居によって家督を継ぎますが、
僅か4年の治世で早逝しており、
跡は当時9歳であった長矩が継ぎました。

花岳寺の墓地には義士らの親戚の墓もあります。

大石家先祖の墓
大石内蔵助の娘、祖父、祖母、父、
および義士のひとり大石瀬左衛門の父の墓。
他に各義士らの家族の墓もありました。

さて森家の墓所です。
僕のように森家の墓所目当てに来訪する人はいるのだろうか。

森家墓所」。
赤穂藩森家は織田信長の家臣森可成の系譜で、
朝倉攻めの際に可成は討死していますが、
可成には6人の子がいました。
長男森可隆は父と共に初陣で討死し、
家督は次男の森長可が相続して織田家に仕え、
以後の主な戦に多く参戦して武勇を挙げ、
本能寺の変後は羽柴秀吉に与しています。
三男は森蘭丸として知られる信長の小姓で、
四男森坊丸、五男森力丸と共に信長に従って討死。
長可も小谷長久手の戦い池田恒興と共に討死し、
残された六男の森忠政が跡を継いでいます。
関ヶ原の戦い東軍に与して川中島13万7千石を与えられ、
後に津山藩に加増転封となりました。
その後、5代森衆利が発狂したとして改易となり、
隠居した4代森長継西江原藩2万石で再襲。
※この2万石は長継の隠居料。
次代の森長直が赤穂藩に転封となり、
以後廃藩置県まで12代森家が赤穂藩を治めています。


捐舘 鐵性院殿従五位下前泉州太守一峯浄空大居士 神儀」。
森家赤穂藩初代森長直の墓。
入封当初から財政難であった為、
浅野家より続く塩の生産を奨励し、
塩田開発に力を入れました。


捐舘 大観院殿従五位下前勢州太守圓覺浄智大居士 神儀」。
4代森政房の墓。


墓域にある五輪塔
誰の墓かわかりませんが、累代墓かもしれませんね。

花岳寺は中々見ごたえのある寺院でした。
まだ東京の泉岳寺は訪問したことがありませんが、
いずれ訪れたいと思います。
忠臣蔵がTVで観れなくなって久しいですが、
何年かに一度はやってほしいもの。
現代の若者達が興味を持てるように、
ジャニーズやイケメンを揃えてたものでも良いですし、
あえてアニメでやってもいいかもしれませんね。

■関連記事■
忠臣蔵と幕末
 幕末期の志士達と忠臣蔵の関係。
岡山県津山市 津山城跡
 かつての森家の居城跡。