兵庫県赤穂市 赤穂城跡①

①/

赤穂藩といえば元禄赤穂事件が有名ですが、
この事件によって赤穂藩浅野家は改易となっており、
その後は永井直敬の入封を経て、
美濃森宗家が入って廃藩まで12代続きました。
しかしながら赤穂藩=浅野家のイメージは強く、
現在の赤穂市浅野家推しが強いようです。


大手門」。
多くの城跡はその外郭は開発で失われていますが、
赤穂城本丸二ノ丸はおろか三ノ丸の復元も計画され、
現在もこつこつと復元工事が進行中。
なんとも素晴らしい方針だと思います。


大手隅櫓」。
大手門と共に復元された隅櫓。
ここから復元する事こそが赤穂市の本気の証でしょう。

大手門をくぐって大石神社のある三ノ丸跡の敷地へ。

近藤源八宅跡長屋門」。
枡形虎口を抜けると左側にある長屋門。
近藤源八甲州流軍学者で千石番頭の役職でした。
妻は大石内蔵助の叔母にあたり、
大石家とは親戚関係にあったようですが、
高齢であった為か義盟には加わっていません。


大石良雄宅跡長屋門」。
浅野家筆頭家老大石家の正門であった長屋門。
主君の刃傷事件の報を伝える使者がこの門を叩いたとされます。
※赤穂義士の早水藤左衛門萱野三平が駆けつけたという。


大石神社」。
四十七士の石像が出迎える大石神社。
大石内蔵助および四十七士を祀ります。


神門(義芳門)」。
楠木正成を祀る神戸湊川神社の神門だったもので、
湊川神社の神門が建て替えられる際に、
同じ忠臣という縁で大石神社に移築されています。
湊川神社は神戸大空襲でその殆どを焼失しており、
創建当時の湊川神社の貴重な建築物となりました。


拝殿」。
大石神社には大石内蔵助以下四十七士の他、
忠義と孝行の間に悩んで自刃した萱野三平、
そして赤穂藩主浅野家3代、
代わって藩主家となった森家の遠祖七将が合祀されています。
織田信長家臣森可成。その子森可隆森長可森蘭丸森坊丸
 森力丸森忠政(津山藩初代)の七将。



大石内蔵助良雄銅像」。
大石内蔵助は赤穂藩浅野家の筆頭家老でしたが、
藩主浅野内匠頭が高家吉良上野介を斬り付けたことから、
切腹を命じられて赤穂藩浅野家は断絶となります。
内蔵助は城を明け渡した後に御家再興を目指しますが、
再興は絶望的となった為に討ち入りを決意。
浅野家遺臣と共に吉良を討ち取りました。
この事件に世間は義士であると称賛しますが、
幕府は法と秩序を尊重して彼らに切腹を命じます。
その後、この事件は浄瑠璃歌舞伎で取り上げられ、
庶民の娯楽として人気を博していますが、
武士階級も忠義の美徳に魅了されていました。
吉田松陰高杉晋作なども事を起こす際、
赤穂浪士の討ち入りと同じ日にしていましたし、
新選組のダンダラ羽織も赤穂浪士を模しています。

赤穂城が三ノ丸跡まで再建が計画している理由として、
この赤穂浪士と大石神社が大きく関係しているのでしょう。

つづく。
①/

■関連記事■
忠臣蔵と幕末
 忠臣蔵にあやかろうとする志士達。
秋田県大館市 相馬大作事件之地
 相馬大作は赤穂浪士の再来と称えられています。
兵庫県たつの市 龍野城跡
 隣藩の龍野藩脇坂家の居城跡。