岡山県津山市 津山城跡

津山城津山藩の藩庁。
津山のある美作国は領主が幾度も変遷した不安定な地で、
関ケ原の戦い後は小早川秀秋が領有していましたが、
秀秋の死によって小早川家が無嗣改易となり、
代わって信濃川中島藩より森忠政が入封しました。

忠政は入封に伴い新たな居城を建設を計画。
居城の建設場所をめぐって家中で騒動が発生し、
重臣の暗殺や筆頭家老の出奔などが起きています。
紆余曲折を経て「鶴山」への築城が決定し、
地名を「鶴山」から「津山」に改めて建築が開始され、
77の櫓、4重5階の天守を持つ広大な平山城が、
13年の歳月を費やして完成しました。


森忠政公」像。
津山城を築城した森忠政の銅像。
兄には織田信長の小姓として知られる森蘭丸がいます。
忠政自身も信長の小姓となっていましたが、
別の小姓との喧嘩を信長に咎められて帰され、
この事が結果的に本能寺の変を避ける事となりました。

兄で森家当主の森長可小牧・長久手の戦いで戦死。
忠政は森家の遺領を相続。
豊臣秀吉より羽柴姓を与えられています。
※長可は遺言状で忠政への相続を否定していますが、
 秀吉はこれを無視して忠政に継がせています。

秀吉が死去すると徳川家康に接近して石田三成と対立。
関ヶ原の戦いでは東軍に属しました。
小早川家の断絶によって美作国に加増転封となり、
津山城を築城。大阪の陣にも参戦して功績を挙げました。
晩年、出雲・石見・隠岐の3ヶ国加増の話もありましたが、
急死によって立ち消えとなっています。
急死の理由は桃を食べての食中毒との事。


冠木門跡」。
津山城跡に入るには300円の入場料が必要。
天守等への入場にお金が掛かることは多々ありますが、
城の全域に入場料が掛かるって稀です。
維持管理に必要なお金なんでしょう。


表中門跡」。
冠木門跡より石段を登ると三ノ丸跡
大きな門跡が現れます。
かつては巨大な渡櫓門が建てられていたという。
ここを登ると二ノ丸跡です。

二ノ丸青は後にまわして三ノ丸跡を散策。

駒井匏軒頌徳碑」。
津山藩儒臣駒井匏軒の頌徳碑。
表中門跡の向かって右側に建てられています。
津山藩校である文学所の教授を勤め、
兵学に通じ、詩歌や書にも秀で、
明学(廟堂音楽)にも精通し横笛を得意としました。
ペリー来航に際しては鉄砲頭として浦賀へ出張。
長州征伐にも出陣しています。
晩年は私塾啓蒙學舎を開いて子弟教育に尽くしています。


鶴山館」。
文学所の新校舎として明治3年に建てられたもので、
修道館」と名付けられました。
廃藩置県も校舎として明治36年まで使用され、
新校舎の建築に伴い三ノ丸跡に移築されました。
「鶴山館」の名は移築時に付けられたものです。


贈従四位鞍懸君碑」。
津山藩権大参事鞍懸寅二郎の顕彰碑。
鞍懸は赤穂藩の足軽の出でしたが、
儒学者塩谷宕陰や水戸藩の会沢正志斉らに学びました。
赤穂に戻り、足軽身分ながら勘定奉行に抜擢されて、
赤穂藩の藩政改革に尽力しますが、
守旧派の妨害によって赤穂藩を追放されています。
師の塩谷の斡旋によって津山藩領で私塾を開き、
その後、津山藩より抜擢されて国事周旋掛となり、
小豆島での英国による島民射殺事件では、
弱腰の幕府にしつこく訴えて、
銀200枚の賠償を得ることに成功。
藩領で起こった改政一揆では、一揆勢の説得にあたり、
京都では津山藩の代表として諸事にあたりました。
維新後は、津山藩権大参事に就任していますが、
明治4年に何者かに狙撃されて死亡。
下手人は捕まっていません。

表中門跡を登って二ノ丸跡へ。

備中櫓」。
築城400周年を記念して復元された櫓。
初代津山藩主森忠政の長女松姫が、
鳥取藩主池田長幸に嫁ぎ、松姫が亡くなると、
四女宮姫も同じく長幸に嫁ぎましたが、
その2人の娘婿である長幸が、
津山城に訪れた時に建てられた櫓で、
長幸の官位が「備中守」だった為、
その名が付いたとされます。
77の櫓を誇った津山城ですが、
現在建っている櫓は、この復元された備中櫓のみ。

備中櫓を横目に通り過ぎて二ノ丸跡から本丸跡へ。

本丸跡」。
広い敷地を有する本丸跡。
本丸御殿が建てられていました。


太鼓櫓跡」。
本丸東側の石垣の南側に鐘堂が設置されており、
かつて時刻を報せる太鼓が鳴らされた櫓がありました。
太鼓櫓に鐘堂が建てられるケースは他の城も結構あります。
太鼓だと維持管理が大変なんでしょうね。


天守台」。
5重5階の巨大な天守として建造されましたが、
あまりにも立派で幕府に咎められた為、
4重目の瓦を取り外して板葺きにして、
あれは庇(ひさし)で五重ではない
と弁明したという。

その天守台にはハートの石があるという・・・。

・・う~ん。ハートに見えない事もない。
こういうの好きな人いますよね。
あ、ウチの娘がこういうの好きだわ・・。


津山城跡・・なかなか見ごたえのある城でした。
300円取るだけの事はある(しつこい)。
津山城は全景を写した古写真が残っており、
その当時の壮大な様子が伺えます。

津山城を築城した森忠政の森家は、
5代藩主森衆利が乱心したという理由で改易。
後に幕府は隠居していた2代藩主森長継に、
2万石で森家を再興させています。

森家の改易後、越前松平家宗家の松平宣富が津山に入り、
以後は越前松平家10万石が津山を治める事になります。
※越前松平宗家については論争があり、
 この津山藩松平家を越前松平宗家とする説と、
 福井藩松平家を宗家とする説があります。
 家祖結城秀康の長男松平忠直の系譜が、
 津山藩松平家である為、これを宗家とする考えと、
 福井には忠直の弟松平忠昌が入封しており、
 この忠昌の系譜を宗家とする考えがあります。

幕末の京都において、長州薩摩などの外様勢力が、
国事奔走している事態に急進派藩士達は憤りを感じ、
親藩である津山藩が公武合体を主導しようとします。

そして藩主松平慶倫が、国事周旋のために上洛。
速やかに掃攘之功を建てよ」と勅命を得ました。
とはいえ、何か方針があるわけでもなく、
慶倫は帰国願いを幕府に提出しています。
京に残った津山藩兵は、御所の警備や大阪湾警備など、
幕命を忠実に実行しています。

国事周旋には結果が出せなかった慶倫でしたが、
思想としては強硬な攘夷派で、
幕府には攘夷決行を要求しています。
江戸からの帰国途中。八月十八日の政変が勃発。
京都は政情が切迫していた為、
大阪湾警備の津山藩兵の京都に呼び寄せますが、
諸藩兵が多勢で警備にあたるほどでもないと、
大阪湾に兵を返しています。
政治的センスは無いけど行動派
といったところでしょうか?

幕末の津山藩といえば、
優れた洋学家を数多く排出したことでも知られます。
特に蘭学の名門宇田川家や、藩医家であった箕作家は、
一族一門に多くの学者を排出し、その子弟も優秀でした。

現在も津山は「洋学のまち」としても知られており、
政治的にはそれほど貢献できなかった津山藩ですが、
近代科学の発展に大きく貢献したともいえます。

【津山藩】
藩庁:津山藩
藩主家:忠直流越前松平家
分類:10万石、親藩大名(国持)

■関連記事■
福井県福井市 福井城跡
 同族の福井藩越前松平家の居城跡。
島根県松江市 松江城下町を歩く・・・
 同族の松江藩越前松平家の城と城下町。
岡山県津山市 箕作阮甫像
 津山藩出身の幕臣。 米国大統領の親書を翻訳しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。