福井県福井市 福井城跡

福井城福井藩越前松平家の居城。
徳川家康の次男である結城秀康によって、
柴田勝家の所領であった北ノ庄に築城された城です。

関ヶ原の戦いの前哨戦である会津征伐で、
石田三成の挙兵に対応して徳川本隊は西へ向かい、
秀康は上杉景勝の抑えとして残った功により、
下総10万石から越前68万石に加増移封されました。

秀康は入封後速やかに築城を開始し、
御家門の居城として全国諸大名の御手伝普請を受け、
約6年の歳月をかけて新たな北ノ庄城を完成させます。

3代藩主松平忠昌は、地名の北ノ庄という名称に、
敗北に通じる「」という字が付いているのを嫌い、
地名を「福居」と改め、北ノ庄城も福居城となり、
さらに元禄の頃「福井」と変化しています。


御本城橋」。
現在、福井城は本丸跡のみが残されており、
内部には県庁県会議事堂県警本部が入っています。


結城秀康公」像。
結城秀康は家康の次男で、長男徳川信康が切腹した為、
本来ならば徳川家の継嗣となるはずでしたが、
豊臣秀吉の養子として差し出された為に、
異母弟の徳川秀忠が後継者となっています。
後に関東の名門結城家の籍を継ぎ、
越前に移った後に松平姓に戻しましたが、
病に倒れ34歳で死去しています。

福井藩の当初の表高は68万石でしたが、
分知跡継争いなどが続いて所領を大幅に減らし、
一時は半減以下の25万石にまで削減されますが、
最終的に32万石に落ち着きました。


福井城本丸復元図」。
典型的な平城の本丸。
石垣以外の遺構がほとんど無いし、
内部は現在も県行政の本拠地なので、
見学するべきところも限られています。


天守櫓台」。
県警本部の裏手にある天守台跡。
天守曲輪の石垣と天守台の2段の石垣となっています。
天守は、望楼型4重5階のものだったようですが、
寛文9年(1669年)の焼失後は再建されず、
対角の本丸南西隅の巽櫓が天守の代用となりました。


福の井」。
天守曲輪内にある井戸で、
福井という地名の由来になった説もあります。
城外への抜け穴があるという伝承があるようで、
過去に調査が行われたとされていますが、
結果がどうなったのかよくわかりませんが、
見つからなかったんでしょうね。


天守のあった場所。
芝生が植えられ整備されています。


山里口御門」と「御廊下橋」。
天守を下りて山里口御門を出て御廊下橋を渡る。
県と市の方策による整備の一環として復元されたもの。
藩主は住居がある西三の丸から、
この橋と門を渡って本丸に移動したようです。
藩主が渡る橋が廊下橋となっているパターンは、
徳川・松平家の城によく見られますね。
和歌山城府内城など)


福井神社」。
御廊下橋から北へ向かった場所にある福井神社は、
16代藩主松平慶永(春嶽)を祀る神社。
日本最後の別格官幣社で、創建は昭和18年です。


福井神社拝殿」。
総コンクリート造でモダニズム様式の拝殿。
創建当時は総檜造の社殿だったようですが、
わずか2年で空襲により焼失してしまいました。
現在のものは戦後に再建されたもので、
デザインは福井出身の建築家五十嵐直雄によるもの。


松平春嶽公像」。
拝殿の横にある春嶽の銅像。
田安家徳川斉匡の八男として生まれ、
急逝した福井藩主松平斉善の末期養子となり、
16代越前福井藩主となりました。
財政難であった藩を建て直す為に、
俸禄三年間半減と自身の出費五年削減等の倹約や、
中根雪江由利公正らを登用して財政改革を行い、
将軍継承問題井伊直弼南紀派と激しく対立。
井伊が大老に就任すると蟄居・謹慎となりますが、
桜田門外の変の後に復帰し、政事総裁職に就任。
徳川慶喜の補佐をして公武合体を推進させました。
維新後は、内国事務総督民部官知事
民部卿大蔵卿と歴任しますが、
明治3年に全ての政務から退いて引退。
明治23年に死去しました。

福井藩には、中根や由利ら優秀な藩士が在籍していた他、
熊本藩から横井小楠を招くなどしています。
同じ尊皇派の親藩でも、水戸藩の藩風とはかなり違い、
過激な行動をする藩士は少なかったようですね。

【福井藩】
藩庁:福井城
藩主家:越前松平宗家
分類:32万石、親藩大名

■関連記事■
福井県福井市 由利公正宅址ほか
 北ノ庄城跡と由利公正の住居跡。
東京都荒川区 南千住 小塚原回向院
 安政の大獄で斬首された橋本左内の墓もあります。
「横井小楠と松平春嶽」高木不二
 春嶽は横井小楠を招いて藩政改革を行いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。