福井県福井市 大安寺(福井藩越前松平家墓所)

福井藩越前松平家の菩提寺である大安寺は、
田谷寺という大寺院があった場所に創建され、
殆どの建物を創建当時のまま残しています。

田谷寺は48の坊舎を持つ大寺院でしたが、
織田信長による越前侵攻で全て焼失してしまい、
その後80余年放置されていたという。
この跡地に福井藩4代松平光通が大安寺を創建。
越前松平家の永代菩提所としています。

開山の大愚禅師臨済宗の高僧で、
江戸谷中の南泉寺や播磨の法憧寺等、
多くの寺院を開山していました。
この大愚禅師が療養で加賀山中温泉を訪れ、
その帰路で福井に入った際、
光通は福井城に招いて深い感銘を受けて帰依。
福井城下に招いて大安寺が建立されます。


大安寺」。
福井市は空襲によって壊滅的被害を受け、
多くの歴史的建造物が焼失していますが、
大安寺はその被害を受ける事なく、
その殆どが創建当時の堂宇です。
訪問時は令和の大修理が行われており、
本堂などが素屋根で覆われていました。

越前松平家墓所はお寺の拝観とセットで500円。

修理中で全てを拝観する事は出来ませんが、
ヘルメットを被って修理の様子が見学できます。


お寺を拝観した後、越前松平家の墓所へ。
菖蒲園の脇より階段で登ります。

途中には一般の霊園の他に藩政時代の墓所があり、
幕末期に活躍した人物らの墓がありました。

笠原白翁君墓」。
蘭方医笠原白翁の墓。
漢方医として福井城下で開業していましたが、
蘭医学の修得を志して京都へ遊学。
当時猛威を振るっていた天然痘に、
牛痘による予防が効果があると知り、
痘苗輸入が急務であると嘆願書を提出しました。
牛痘の痘苗が輸入されると福井にこれをもたらし、
自宅横に仮の痘苗所を設置。
後に藩営の除痘館が開設されて福井に種痘が広まり、
この功績によって御目見医となっています。
明治13年、死去。


従四位毛受洪墓」。
福井藩士毛受洪の墓。
毛受は福井藩士毛受福高の長男として生まれ、
藩校明道館訓道師外塾師取扱掛等を歴任し、
大番頭書院番頭格用人奏者軍帳掛を務めます。
京都にて他藩との周旋や情報収集を行い、
慶応2年には中老に昇進しました。
新政府が発足すると同藩由利公正らと共に参与に任命。
福井藩権大参事集議院幹事等を務め、
晩年は福井藩や越前松平家の歴史編纂を行っています。
明治33年、死去。

笠原白翁の墓所より橘屋正玄家の墓所へ。

橘曙覧之奥墓」。
国学者で歌人の橘曙覧は、
越前の有力商人橘屋正玄家の6代目でしたが、
国学を学んで稼業を弟に譲って隠居し、
京都の児玉三郎や飛騨高山の田中大秀に入門し、
隠遁して藁屋を称し和歌に没頭しました。
安政の大獄で謹慎していた松平春嶽は、
彼の噂を聞いて万葉集の秀歌を選別させ、
後に藁屋に自ら訪れて出仕を求めましたが、
橘はこれを辞退しています。
慶応4年、死去。

正玄家の墓所よりさらに登ると、
越前松平家の墓所である千畳敷が現れてきます。

千畳敷」。
この墓所は4代松平光通が造営し、
祖父である初代福井藩主松平秀康及び、
父の松平忠昌、母慶壽院の墓碑を建立したもので、
後に光通と正室、そして5代、8代、9代、
11代、12代の墓碑が建てられています。
墓所の四方を巨大な石柱石垣が囲み、
笏谷石石板千畳が敷き詰められており、
通称「千畳敷」と呼ばれました。


浄光院殿前黄門森岩道慰運正大居士」。
一番奥にそびえる藩祖結城秀康の墓碑。
越前松平家の家祖で徳川家康の次男ですが、
幼少期には母の於万の方と共に冷遇されており、
※正室築山殿の嫉妬によるという。
家康の長男松平信康が自刃した後も後継者とされず、
小牧長久手の戦いの講和の際に豊臣秀吉の養子となり、
後に結城晴朝の養子となって結城家を継ぎます。
関ケ原の戦いでは上杉景勝の抑えを任じられ、
本戦には参加せずでしたが、
その功によって越前68万石を与えられました。
慶長12年(1607)、死去。


隆芳院殿前参議郭翁貞真大居士(左)」、
慶壽院殿禅誉月窓清心大禅定尼(右)」。
3代松平忠昌と正室道姫の墓。
別家を立てて高田藩藩主となっていましたが、
兄の2代松平忠直が不行跡を理由に改易となり、
宗家を50万石で継いでいます。
当時北ノ庄であった地名を福井と改称。
福井藩の藩政の基礎作りを行いました。


大安寺殿前越州太守左少将萬休毎毎大居士(右)」、
清池院殿法誉性龍大禅定尼(左)」。
4代松平光通とその正室国姫の墓。
父忠昌の遺言により庶兄松平昌勝松岡藩5万石、
庶弟松平昌親吉江藩2万5千石を分与し、
光通は福井藩45万石を相続しています。
優秀な施政家であったようで、
藩の法整備や文武の推奨を行って基礎を固め、
菩提寺大安寺も創建しました。
しかし相次ぐ天災によって藩財政は逼迫。
正室国姫は男児を産めない事を苦に自害。
庶子の松平直堅も出奔するなど苦難が続き、
精神を病んだ光通は自害しています。


探源寺殿前羽林次将龍山悟徹大居士(右)」、
徳正院殿南越太守前羽林次将廣譽明達賢提大居士(左)」。
5代及び7代松平昌親(吉品)と10代松平宗矩の墓。
吉江藩主となっていた昌親は、
兄の遺言によって宗家を継ぎましたが、
これを良く思わない家臣が多かった為、
就任後2年で兄昌勝の子松平綱昌に家督を譲ります。
しかし綱昌は奇行を繰り返した為に蟄居処分となり、
福井藩は25万石に減封されたうえで、
幕府の命によって前藩主昌親が再び藩主に就任。
将軍徳川綱吉より偏諱を拝領して吉品と改名し、
半減近い減収を俸禄を半減やリストラで補いました。

10代宗矩は、藩財政を再建するために倹約令を発し、
勝手吟味役を設けて厳しく推奨。
災害にも見舞われて財政再建は難航しましたが、
貧困や災害に苦しむ民に救米の提供を行い、
善政に尽くしたとされています。


昇安院殿前羽林次将住譽知眞本榮大居士(左)」、
豊仙院殿前拾遺補闙圓譽照元安住大居士(中)」、
源隆院殿前南越大守従四位上羽林次将俊誉慈愍哲雄大居士(右)」。
8代松平吉邦、9代宗昌、11代重昌の墓。
吉品より家督を譲られた8代吉邦は、
兄の綱昌に似ずに倹約や経費節減など善政に努め、
時の将軍徳川吉宗に賞賛されたという。

9代宗昌は吉邦の兄で松岡藩主となっていましたが、
吉邦が継嗣なく死去した為に宗家を相続。
この為に松岡藩は福井藩に吸収されています。

11代重昌は一橋徳川家当主徳川宗尹の長男。
10代宗矩の養嫡子となって家督を相続していますが、
僅か16歳で死去しました。

以降の藩主墓所は運正寺などにありましたが、
※10、12、13、14、15代。
福井大空襲の際に破壊されてしまい、
墓石は江戸の菩提寺海晏寺に改葬されています。

■関連記事■
福井県福井市 福井城跡
 福井藩越前松平宗家の居城跡。
岡山県津山市 津山城跡
 津山藩越前松平家の居城跡。
兵庫県明石市 明石城跡①/
 明石藩越前松平家の居城跡。