福井県福井市 瑞源寺(福井藩越前松平家墓所)

福井藩5代及び7代藩主松平昌親(吉品)は、
支藩吉井藩の藩主でしたが、
兄で4代藩主松平光通が継嗣なく自刃し、
その遺言によって福井藩主となっています。

しかしながらこの藩主就任は、
幕府の裁定によって遺言が重視されたもので、
昌親や光通の兄松平昌勝を推す派閥や、
光通の庶子松平直堅を推す派閥は、
到底納得できないものでした。

昌親もこれに感づいていたのか、
就任後2年で昌勝の子松平綱昌に家督を譲って隠居。
これで藩内はまとまるかに見えましたが、
藩主に就任した綱昌は奇行に走り、
理由無く側近を殺害したり、政務を疎かにしたり、
参勤交代も怠ったりしています。
幕府はこの綱昌を発狂したとして強制隠居させ、
福井藩は前藩主昌親が減封のうえで相続。
昌親は吉品と改名して7代藩主となりました。

この吉品の墓所が瑞源寺にあります。

瑞源寺」。
瑞源寺は昌親が生母高照院の菩提を弔う為、
廃寺となっていた同寺を中興したもので、
昌親の福井藩主就任後、現在地に移されています。


本堂」。
この本堂は幕末の万延元年に再建されたもので、
本丸の御小座敷を移築したものという。
隣接する書院も大奥御座之間の移築で、
実は福井城唯一の建屋遺構。

本堂裏手の山腹に吉品と高照院の墓があります。

當山開基 探源寺殿羽林次将龍山悟徹大居士」。
5代及び7代吉品(昌親)の墓。
永代菩提寺の大安寺にも墓碑がありますが、
吉品は母と共に葬られる事を望み、
遺骸はこちらに埋葬されています。


高照院殿千峯慈松大姉」。
3代松平忠昌の側室で奈津という名でした。
忠昌の死後に剃髪して高照院と称しています。

この2つの墓はかつて霊屋付きでしたが、
吉品の霊屋は福井大地震で倒壊しており、
高照院の霊屋は近年まで残っていましたが、
老築化で解体されて墓の傍らに置かれています。
※高品の墓の写真の右端に見えます。

上記の墓所を探して一般墓所を登ったら、
忠霊場がありました。

福井忠霊場」。
日清戦争から大東亜戦争の戦死者を祀る忠霊場。
従って幕末維新期のものはありません。
ここは招魂社ではないようで、
現在は瑞源寺が管理されているようです。

■関連記事■
福井県福井市 福井城跡
 福井藩越前松平宗家の居城跡。
新潟県糸魚川市 糸魚川陣屋跡
 糸魚川藩越前松平家支流の陣屋跡。
兵庫県明石市 明石城跡①/
 明石藩越前松平家支流の居城跡。