福井県福井市 由利公正宅址ほか

福井市へ。
福井駅西口より南西方向へ歩いて、
柴田公園に行ってみます。


北の庄城址 柴田公園」。
この柴田公園は、北ノ庄城跡に整備された公園です。
北ノ庄城は柴田勝家の築いた城で、
賤ヶ岳の戦いに敗れた勝家が、お市と共に自害した城。
幕末史とは直接関係ないのですが、
福井に来たのですから、寄らない訳にはいきません。


柴田勝家公像」。
織田信長に仕えた武将で、数々の戦に参戦し、
名実共に織田家の筆頭家老であった人物。
鬼柴田と恐れられた猛将で、戦場の突進力は随一と謳われ、
籠城で水を絶たれた際、残っていた水の入った瓶を割り、
城外に打って出て、敵を撃破したと伝えられ、
瓶割り柴田」の異名で呼ばれるようになったとされます。


柴田神社」。
柴田勝家を祀る神社で、北ノ庄城落城後の本丸跡に、
が建てられたのが始まり。
結城秀康によって新たに福井城が建設されてからも、
城域であったこの場所で神祠として保護され、
明治に入ってから松平春嶽や旧藩士、
福井住民などにより社殿が建てられます。
その後、平成10年に老築化した社殿が建て替えられ、
社域が公園として整備されています。


北の庄城 お市の方 殉難将士慰霊碑」。
境内にある慰霊碑。お市と将兵のもので、
勝家の名が無い。殉難将士の中に含まれているのかな?


三姉妹」像。
お市には、前夫浅井長政との間に娘が3人いました。
この3人は豊臣秀吉京極高次徳川秀忠に嫁ぎ、
運命が分かれることになります。

長女の茶々は後の淀殿で、秀吉の側室となり、
寵愛を受けて豊臣秀頼の生母として豊臣家で実権を握り、
大坂夏の陣で秀頼と共に自害しました。

次女のは京極高次の正室となり、
三姉妹の中で一番長生きしています。
姉と妹の舅(徳川家康)が敵味方になって争う中、
その仲介に奔走。衰退した名家を支え、
大名家への再興に貢献しました。
次女なのに「初」とはこれいかに?

三女の佐治一成豊臣秀勝に嫁いだ後、
家康の嗣子徳川秀忠と再嫁します。
秀忠との仲は良好だったようで2男5女をもうけ、
3代将軍徳川家光も江の実子で、
後の将軍は江の血脈となっています。
また、豊臣秀勝との間の娘完子九条家に嫁ぎ、
現在に連なる皇室にも血脈を残しました。


お市の方像」。
お市は織田信長の妹で、浅井家に嫁ぎ織田浅井同盟に貢献。
長政との間に上記の3人の娘をもうけます。
しかし信長が浅井家と関係に深い朝倉家を攻めたことにより、
両家の関係は悪化しますが、夫婦仲は良かったという。
信長が浅井家を滅ぼし、長政が父久政と共に自刃した際に、
3人の娘と共に織田家に保護されています。
本能寺の変で信長が倒れた後に、柴田勝家と再婚。
翌年に勝家が賤ヶ岳の戦いで秀吉に敗れ、
本拠の北の庄城で自刃する際、共に自害しました。

柴田公園を出て城の橋通りを北西に進み、
幸橋から足羽川を渡ります。

由利公正」像。
幸橋南詰の東側にある由利公正の銅像。
幕末期の名前は三岡八郎と云い、
維新後に由利公正と名乗っています。
横井小楠に師事し、橋本左内らと国事に奔走。
財政手腕を買われて抜擢され、
殖産興業政策などで藩財政を再建しました。
松平春嶽が政事総裁職に就任すると側用人となりますが、
藩内政争により蟄居・謹慎処分となります。
後に坂本龍馬の推薦により新政府は由利の出仕を求め、
藩はこれを了承し、新政府の金融財政政策を担当。
また由利が作成した「議事之体大意」は、
五箇条の御誓文の原文となっています。
以後、東京府知事を経て岩倉使節団に随行。
自由民権運動に参加して、
板垣退助らと民撰議院設立建白書を提出しました。
元老院議官貴族院議員を経て、
有隣生命保険会社の初代社長に就任しています。

由利公正像から道の向かいに由利公正宅の碑があるのですが、
横断歩道が無いので、橋の下の河川敷を通って渡ります。

坂本龍馬歌碑」と「由利公正宅址」。
この場所にあった由利の屋敷を訪問した龍馬は、
君がため捨つる命は惜しまねど
 心にかかる国の行く末
」と詠んだとされます。

由利の住んでいた毛矢町は、中下級武士が住む場所で、
彼らは「毛矢侍」と呼ばれていました。
城へ出仕するには、両岸に渡された綱を小船に乗って手繰り、
向こう岸に渡っていたとされ、
橋の建設が毛矢侍から望まれていたようです。
由利が藩に抜擢された後の文久2年に、
毛矢侍悲願の橋が架けられ、その喜びからこの橋は、
幸橋」と呼ばれることになったようです。

由利は幕末期に華々しい活躍をしたわけではなく、
優秀な政務官として藩や明治政府で活躍した人物。
長州藩でいえば、広沢真臣楫取素彦の様な官僚です。
政治は革命家軍人だけではやっていけませんので、
こういう優秀な人材が必用だったのでしょう。

■関連記事■
福井県福井市 福井城跡
 幕末の雄藩福井藩松平家の居城跡。
福井県坂井市 丸岡城
 近隣の丸岡藩有馬家の居城跡。最古の現存天守。
「横井小楠と松平春嶽」高木不二
 春嶽は横井小楠を招いて藩政改革を行いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。