「横井小楠と松平春嶽」高木不二

出張に行く前には、図書館で本を借ります。
出張って、仕事終わって夜に宿で何をするかが問題。
する事がないと、ろくなお金使わないので(何するんだ?)、
こういうときこそ本を読むのがいいんです。

松平春嶽は賢候と言われますが、

僕の中ではなんだかあんまりいいイメージがありません。
どの辺が賢候なのか?ちょっと最近気になったもので、
この本を選びました。

で、読んで率直な感想としては、
松平春嶽は、幕府の腐敗を改革しようと懸命に努力した人なのだなと・・。
しかし、幕府の闇は、そう簡単にはぬぐえません。
あの手、この手と彼なりに努力しますが、思惑とは別に時代は流れます。
松平春嶽の改革は、間違ってはいないかったのでしょう。
しかし、それを実行するには彼は上品すぎました。
改革は、非道を伴わないといけません。
大老の井伊直弼は、非道を持って事に当たりました。

その後、春嶽は政治総裁職という大老と同等の立場に立ちます。
しかし、彼は井伊ほどの非道さはありません。
反対勢力を一掃させる気がないと、幕府の闇は無くならないでしょう。
改革を進めるには、彼は上品過ぎたのです。
その理由は、彼が徳川一門殿様であったからではないでしょうか?

脱藩志士は元の自藩が潰れようとも、目的を果たせます。
それは、低階級の武士が多く、自藩への忠誠心が薄かったからか?
しかし、春嶽には徳川一門の誇りがあります。
譜代が努めるべきと、大老への就任を固辞したのもその表れではないでしょうか。

しかし、幕政での頭打ちに対して、自藩の改革は紆余曲折しながら、
総合的には成功と見て良いでしょう。
軍制の改革。貿易の推進。横井小楠を登用して、福井藩を富ませます。
一時、藩内対立で横井小楠を手放しますが、再び呼び戻します。

彼がもし、徳川一門でなく外様大名であったなら、
自藩の富国強兵につとめ、幕政に外から関与し、
京都に近い地の利を生かして、本望を遂げることが出来たかもしれません。

徳川一門であったおかげで、幕政に上から参加できましたが、
徳川一門であったために、思うような改革が出来ず、
明治新政府でも思うようにならなかった。そんな気がしますね。

■関連記事■
福井県福井市 福井城跡
 福井藩の藩庁。
福井県福井市 由利公正宅址ほか
 福井市内の史跡など。。
熊本県熊本市 熊本城(復興中)
 横井小楠は熊本藩の出身。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。