熊本県熊本市 熊本城(復興中)

平成28年4月の熊本地震によって被災し、
多くの建造物が倒壊・破損してしまった熊本城
現在は修復中で立ち入りが制限されています。

最大震度7という大規模なこの地震ですが、
遥かに遠い下関でも揺れを感じたほどです。

仕事の打ち合わせで熊本市内に行ったので、
遠巻きながら現在の熊本城を見てみようと、
近くまで車を走らせました。


大きなクレーンが何本も立っており、
修復中の様子が窺えます。

熊本城の麓にある「桜の馬場 城彩苑」で昼食。
その近くの行幸坂の入口脇の碑。


西南の役回顧之碑」。
西南戦争の初戦であった熊本城攻防戦
西郷軍がこの城を攻略できなかったことが、
その後の勝敗を左右したとされます。
幕末以降の攻城戦で落城していないのは、
西南戦争でのこの熊本城だけ。
熊本城の堅固さは証明されているのですが、
西郷軍の猛攻に耐えたこの城も、
地震には勝てなかったようですね。


宇土櫓」。
並の城の天守にも匹敵する宇土櫓
現存遺構ですがこれも破損がひどく、
修復作業中です。
名の通り宇土城の天守だったという。

熊本城は加藤清正築城の日本三名城の一つ。
一大名の城の中では日本一とされていました。
清正の子加藤忠広の改易により細川忠利が入り、
以後は幕末まで細川家が治めます。

幕末期には横井小楠宮部鼎蔵らを輩出し、
第二次長州征伐小倉戦争では、
長州軍を苦しめていますが、
長州軍との単独戦争に陥ることを恐れ、
独断で撤兵しています。
この小倉戦争での熊本藩の離脱が、
長州軍の勝利の一因となりました。

幕末の末期には佐幕派が実権を握っており、
時勢に乗り遅れてしまい、
投獄していた河上彦斎に協力を求めますが、
河上はこれを拒否した為に、
維新の主導権を握ることは出来ませんでした。

熊本城の復旧は、天守閣の修復が3年
全体の修復が20年掛かるとされています。
とはいえ天下の名城ですので、
しっかりと修復させて、
往年の雄姿を見せててもらいたいものです。

【熊本藩】
藩庁:熊本城
藩主家:細川宗家
分類:54万石、外様大名(国持)

■関連記事■
熊本県熊本市 桜山神社
 神風連の乱と肥後勤皇党の殉難者を祀る。
熊本県宇土市 宇土陣屋跡
 熊本藩の支藩宇土藩細川家の陣屋跡。
京都府京都市 京都霊山護國神社④
 京都霊山護國神社の熊本藩殉難士墓碑。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。