福井県福井市 運正寺

福井市には幕末史跡が豊富にありますが、
肝心の松平春嶽の墓は福井にはなく、
品川の海晏寺にあるのは周知でしょう。
ですがかつては春嶽の墓が福井にあったようで、
その痕跡を示す遺構が運正寺に残されています。


運正寺」。
福井藩初代藩主結城秀康は慶長11年(1606)に死去。
結城家が帰依する曹洞宗孝顕寺に埋葬されますが、
これを聞いた徳川家康が激怒した為、
浄光院を開山させて秀康の遺骸を改装させました。
その後、浄光院は秀家の戒名から運正寺に改称され、
以後は越前松平家の庇護を得て隆盛しています。


戦災前の全景(現地説明板より)」。
雲正寺は境内に塔頭4ヶ寺が建立され、
奥に秀康の廟所が安置された荘厳な寺院だったとされ、
その後に後期藩主の墓所にもなっていましたが、
福井大空襲福井大地震で多くの伽羅が焼失。
藩主墓碑は海晏寺に移されました。

運正寺には秀家の廟所の他に10代松平宗矩
12代松平重富、13代松平治好、14代松平斉承
15代松平斉善の廟所があったようで、
春嶽の死去後にも御霊屋が建てられて、
その遺髪が納められました。


旧福井藩士奉納石燈籠」。
現在は本堂前に並んでいますが、
かつては廟所に登る階下に建立されていたもの。
竿の部分に「従一位慶永公広前」と刻まれ、
春嶽の為に建立されたものとわかります。


従一位松平慶永公広前石燈籠寄附者人名」碑。
建立に寄付した旧藩士787名が記されています。

藩主家墓所が戦災で破壊された例は多く、
尾張徳川家松山藩松平家福岡藩黒田家など、
都市部にあった墓所が被害に遭いました。
これらは修復されたり合葬されたりしていますが、
福井藩越前松平家の場合は海晏寺に改葬され、
残念ながら現在は非公開となっています。

■関連記事■
福井県福井市 大安寺(福井藩越前松平家墓所)
 4代松平光通が造営した大安寺の墓所。
福井県福井市 瑞源寺(福井藩越前松平家墓所)
 5代及び7代松平昌親が眠る瑞源寺の墓所。
福井県永平寺町 永平寺
 曹洞宗大本山永平寺には3代および4代の墓があります。