岡山県津山市 箕作阮甫像

津山駅前には、箕作阮甫の銅像が建てられています。
実は機関車トーマスが好きな我が息子の為、
津山まなびの鉄道館」に行こうとしていたのですが、
※扇形機関車庫がある。
訪問した月曜日は定休日。
仕方なく津山駅前にある蒸気機関車を見せようと、
津山駅に行ったわけです。


箕作阮甫像」。
箕作阮甫は津山藩医の家に生まれますが、
幼くして父や兄を亡くして12歳で家督を相続し、
京都の医師竹中文輔に学びました。
文政6年に参勤交代で江戸詰となり、
蘭医宇田川玄真の門下となって蘭語を学びました。
後に幕府より召しだされ天文台翻訳員となり、
ペリー来航の際には大統領の親書を翻訳。
プチャーチン来航の際は長崎に赴いています。
幕府直轄の洋学研究教育機関蕃書調所の首席教授となり、
幕臣に取り立てられました。

残念ながら我が息子は、
真っ黒な蒸気機関車には興味無かったようで、
僕が箕作阮甫の銅像を訪問できて、
喜んだだけの結果に終わりました(笑)。

■関連記事■
岡山県津山市 津山城跡
 津山藩越前松平家の居城跡。大規模な石垣が残っています。
静岡県下田市 ペリーの上陸と日米下田条約
 下田の日米下田条約関連史跡。
神奈川県横浜市 諸外国の領事館跡
 横浜に乱立した諸外国の領事館跡。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。