兵庫県佐用郡 常勝院(三日月藩主森俊滋墓所)

兵庫県西端内陸部にある佐用町大畑は、
ぶどう栽培などが行われている小さな集落で、
源平合戦後に平知盛の子平知忠が落ち延び、
ここに住み着いたと伝わります。


兵庫県佐用郡佐用町周辺(常勝院の場所)。

この佐用町大畑の小さな集落に、
三日月藩9代藩主森俊滋の墓所があり、
また知盛を慰霊する五輪塔もあります。

大畑五輪塔」。
とももりさん知盛塚とも呼ばれる五輪塔。
知盛、知忠父子を慰霊したものと伝えられます。
他説では知盛自体が落ち延びたともされますが、
錨を担いで入水して遺体が上がっていない為、
このような説も生まれたのでしょう。


常勝院」。
文献等が現存せず由緒ははっきりしませんが、
享保年間に開かれた真言宗御室派の寺。
本堂は近年に建て直されたようです。


俊滋院殿光山日明大居士」。
三日月藩最後の藩主9代森俊滋の墓。
数基の墓と共に境内にならべられています。
森家は廃藩置県後に東京に移住していますが、
俊滋は隠居後に旧領に戻り明治12年に死去。
何故ここに葬られたのかはよくわかりません。

■関連記事■
兵庫県佐用郡 乃井野陣屋跡
 三日月藩森家の陣屋跡。
下関市阿弥陀寺町 赤間神宮
 安徳天皇を祀る神社。平知盛の墓もあります。
兵庫県赤穂市 花岳寺(赤穂藩森家墓所)
 同族の赤穂藩森家の墓所。赤穂浪士の墓も。