兵庫県佐用郡 乃井野陣屋跡

津山藩森家は18万6500石を誇っていましたが、
5代藩主森衆利が乱心したという理由で改易。
後に西江原藩2万石で再興していますが、
※後に赤穂藩へ再転封。
津山藩より新田を分地されていた一族の森長俊も、
そのあおりを受けて三日月藩へ移されています。

森長俊は領地入りして乃井野村を藩庁と定め、
藩庁陣屋と城下町を建設しました。

三日月藩乃井野陣屋跡」。
三日月藩の陣屋は乃井野陣屋と呼ばれており、
現在は表門他正面部が整備・復元されて、
往時の雰囲気が伝わります。


物見櫓」。
現存遺構。
物見櫓長屋廃藩置県後に小学校に移築され、
公民館などにも利用されていたようですが、
平成15年に現位置に戻されました。
長屋も戻されたようですがどの部分かわかりません。


中御門(左)」と「通用御門(右)」。
復元された陣屋門。


裏手は何もありませんが、
かつては御殿が建てられていたのでしょう。


列祖神社」。
陣屋跡の西側にある神社。
森可成森忠政森長俊を祀る神社で、
江戸時代は江戸藩邸内にあったもの。


広業館」。
列祖神社境内に移築された藩校広業館の建屋。
廃藩置県後に小学校として利用され、
近年の小学校移転新築に伴い現在地に移築。
どの部分が藩校当時の部分かわかりませんが、
当時は1階建てだったと思われます。


藩主庭園跡(築山)」。
列祖神社境内も陣屋敷地内だった場所で、
書院に面していた枯山水庭園築山が残されています。

列祖神社のさらに上の日岡八幡神社へ。

日岡八幡神社」。
このあたりは石清水八幡宮荘園であったようで、
荘園の守護神として勧請されたという。
室町時代には播磨守護赤松氏の崇敬庇護を受け、
江戸時代は森家の崇敬社となっています。
現在の本殿は明暦2年(1656)に再建されたもの。


森家の統治は9代174年に及び、
比較的安定した藩経営が為されていたようです。
三日月は因幡街道出雲街道の宿場町として栄え、
鳥取藩松江藩の参勤にも使用されており、
城下は大変賑わっていたという。
幕末には陣屋の南側の三方里山演武場を造成し、
藩兵による軍事訓練を行っていますが、
2つの大藩に通じる宿場町ゆえに、
小藩ながら情報が得られ易かったのでしょう。
新政府への恭順も速やかに行われており、
東北へも出兵して賞典金2千両を賜ったようです。

■関連記事■
兵庫県赤穂市 赤穂城跡①/
 宗家筋にあたる赤穂藩森家の居城跡。
兵庫県佐用郡 常勝院(三日月藩主森俊滋墓所)
 9代藩主森俊滋の墓所。
兵庫県佐用郡 高蔵寺(三日月藩主森快温墓所)
 5代藩主森快温の墓所。