兵庫県佐用郡 高蔵寺(三日月藩主森快温墓所)

三日月藩森家の菩提寺である高蔵寺は、
行基によって創建されたという。


高蔵寺」。
後醍醐天皇元弘の乱隠岐に配流された際に、
立ち寄って再起の戦勝祈願を行っています。
森家が三日月に入封されると菩提寺に定められ、
霊廟三重塔が建てられるなど隆盛しました。
小さいながら雰囲気の良いお寺です。


本堂」。
本尊は行基作とされる千手観音像
廃藩置県後には森家の庇護を失い、
三重塔などを売却するまでに困窮しますが、
現在は立ち直っているようです。


森家御霊堂」。
本堂右側にある森家の御霊屋
三日月藩祖森長俊の木造を安置し、
歴代藩主や一族の位牌が置かれているという。

領地で死去した森快温の墓を探し本堂裏手へ。

土塀付きの墓所を発見。
森家の墓所のようです。


盛徳院可敦乗雲大居士」。
2代藩主森長記の長男森可敦の墓。
病弱を理由に廃嫡されており、
家督は弟の森俊春が継いでいます。
墓所内の大居士はこの一基のみ。
実はこの墓を森快温の墓と思い込んでしまい、
これを写真に収めて手を合わせて下山・・。
後から確認して可敦の墓と判明した次第です。

・・ということで、快温の墓にはたどり着けず。
ネットより拝借した下の画像が快温の墓所。
※転用OKのサイトでした。

快温院殿野州刺史鷲峯宗雲大居士」。
三日月藩5代森快温の墓。
たぶん可敦の墓より上の方にあると思われます。
快温は廃藩置県後の9代森俊滋を除き、
三日月領内で死去した唯一の藩主で、
治世では藩校広業館を創設するなどしました。

■関連記事■
兵庫県佐用郡 乃井野陣屋跡
 三日月藩森家の陣屋跡。
兵庫県赤穂市 花岳寺(赤穂藩森家墓所)
 同族の赤穂藩森家の墓所。赤穂浪士の墓も。
兵庫県佐用郡 常勝院(三日月藩主森俊滋墓所)
 9代藩主森俊滋の墓所。