兵庫県尼崎市 深正院(尼崎藩桜井松平家墓所)

桜井松平家は三河碧海郡桜井を領した松平庶流で、
松平宗家5代松平長親の次男松平信定を祖とし、
初代信定から4代松平忠正の代まで宗家に反抗し、
完全に従属するのは松平(徳川)家康に敗れてから。

その後、5代から7代まで20代で早逝し、
※7代松平忠頼は囲碁の喧嘩の仲裁に入り、
 逆上した片方の相手によって刺殺されています。

一旦改易されますが、忠頼の子松平忠重が旗本として再興。
後に加増されて大名となって佐貫藩を立藩し、
田中藩掛川藩と加増転封されて、
次代松平忠倶飯山藩に移封となった後、
松平忠喬の代に掛川藩を経て尼崎藩に入りました。


深正院」。
忠喬が先代忠倶の菩提を弔うために建立した寺院。
以後は尼崎藩主桜井松平家の菩提寺となり、
忠喬もここに葬られました。
かつての本堂尼崎城本丸御殿金之間だったもので、
廃城の際に払い下げられて移築されていましたが、
空襲によって焼失してしまったという。


霊臺院殿四品石州刺史仁譽興徳道融大居士」。
初代松平忠喬の墓。
朝鮮通信使接待役、日光東照宮警護等を務めたという。


従四位子爵櫻井忠興墓」。
7代松平忠興の墓。
幕末動乱期の文久元年に藩主に就任した最後の藩主。
大政奉還後の新政府の上京命令を諸大名が辞退する中、
旧幕府に断りを入れて参内。
長州藩の藩兵千数百名が西宮に現れた際にも、
旧幕府へその対処を問い合わせており、
徳川家への配慮は怠らなかったようですが、
新政府より松平姓の改称を求められると、
躊躇なく桜井姓を名乗っています。
博愛社(後の日本赤十字社)の設立メンバーの一人。
明治28年、死去。

ここには5代松平忠誨、6代松平忠栄の墓もあったようですが、
全く気が付かず・・。6代忠栄は幕末期の藩主なのに。
また機会を作って再訪します。

■関連記事■
兵庫県尼崎市 尼崎城跡
 尼崎藩桜井松平家の居城跡。