兵庫県尼崎市 尼崎城跡

尼崎天守閣なんてあったっけ?
以前大阪に住んでいた僕は、
何度も尼崎には足を運んでいましたが、
そんな天守の全く記憶が全く無い・・・。
それもそのはず。
尼崎城の天守は、去年再建されたもの。
この真新しい天守はなんと個人資産の寄付で建てられ、
尼崎市に寄付されたものだという。


尼崎城址公園」。
天守を私財で再建し市に寄付した人物は、
ミドリ電化(現エディオン)の創業者安保詮
尼崎でミドリ電化の前身「みどり電気」をオープンし、
その後、家電量販店として成長。
近畿を中心に90近い店舗を展開していたようですが、
現在はエディオンに吸収合併されて消滅しています。
すでに創業者は一線を引いており、
創業の地に恩返しをしたいと、
尼崎市に天守閣の再建を市に申し出ました。
寄付は10億円とのこと。


戸田左衛門氏鉄公顕彰碑」。
尼崎城を築城した戸田氏鉄の顕彰碑。
氏鉄は尼崎城の築城の他、城下町の整備や治水事業で、
尼崎の基礎を築いたとされています。


尼崎城天守閣」。
鉄筋コンクリート製地上5階建ての立派な天守。
ただ残念ながら再建された場所は、
本来の場所ではなく三ノ丸の跡地。
本来の天守のあった本丸跡は小学校となっており、
天守の建てられる場所ではありませんので、
三之丸跡に建てられることになったとの事。


正面。
出来て間もないのですが、
すでに市民の憩いの場として定着し、
キャッチボールやラジコンをする子供達や、
散歩するご老人、芝生で寝転がるカップルもいました。

城址公園を出て櫻井神社へ。

櫻井神社」。
尼崎を治めた桜井松平家の歴代藩主を祀る神社。
実はここ、嵐ファン聖地なんだとか。
ファンが嵐のコンサート当選の祈願に来たりして、
絵馬はほとんど嵐関係だったりします。


博愛社記念碑」。
元尼崎藩主桜井忠興らが設立した博愛社の記念碑。
明治10年に西南戦争が勃発すると、
忠興は元龍岡藩主大給恒や元佐賀藩士佐野常民らと、
博愛社を設立して負傷者の救護班を派遣しました。
これが日本赤十字社の前身となっています。


尼崎城址」碑。
尼崎市立明城小学校グランドの南側外壁にある跡碑。
碑の建ってるグランド周辺は二ノ丸のあったあたりで、
本丸跡は小学校の校舎や尼崎市立文化財収蔵庫周辺。

尼崎には尼崎城が出来る前、
大物城という城がありましたが、
どこにあったのか正確な場所が判っていません。
尼崎を支配していた建部光重の子建部政長は、
大阪の陣の活躍によって尼崎藩を立藩させます。
後に政長は林田藩へ転封となって、
代わって戸田氏鉄が入封。
大物城を廃して尼崎城を築城する訳ですが、
大物城を取り壊したその上に尼崎城を築城したとも、
別の場所であったともされ、よくわかっていないらしい。

氏鉄は後に大垣藩に加増転封となり、
代わって青山幸成が5万石で入り4代続きます。
その後、4代藩主青山幸秀飯山藩に転封となり、
掛川藩から松平忠喬が4万8000石で入封。
以後、桜井松平家が7代続いて明治を迎えました。

幕末の6代藩主松平忠栄は開国に反対し、
鎖国を堅持するように幕府に提言しており、
譜代藩ながら攘夷派であったようです。

最後の藩主となった7代藩主松平忠興は、
大政奉還後の上京命令を諸大名が辞退する中、
旧幕府に断りを入れたうえで上京。
朝廷に参内しました。
直後に長州藩兵千数百名が西宮に現れた際には、
旧幕府へその対処を問い合わせ、
差し支えなしの回答を得て、
長州藩兵を領内に入れています。

鳥羽伏見の戦いには、
西国筋の要所を守備する尼崎藩は参加せず、
戦いが新政府軍の勝利に終わると、
勤皇の意志を明らかにします。
松平姓を捨てて本姓を名乗るよう命じられた際には、
躊躇なく桜井姓に改める事を表明。
新政府もいち早い尼崎藩の行動を認め、
三田藩と共に摂津の旧幕府直轄領支配を任されました。

尼崎城の遺構は、堀の一部であった庄下川の他は、
実はほとんど残っていません。
しかしながら個人の寄付や市の努力によって、
本来のものとは違えど、天守が再建されています。
もちろん本来の姿での再建が望ましいのはもちろんですが、
不可能ならば不可能なりに、柔軟な考えで再建させるのも、
それはそれで良い事だと思います。
尼崎城は、梅田から急行で10分で行ける最新の天守
一度は行っておくべきですね。

【尼崎藩】
藩庁:尼崎城
藩主家:桜井松平家
分類:4万石、譜代大名

■関連記事■
京都府京都市 淀城跡
 近隣の淀藩稲葉家の居城跡。
大阪府豊中市 麻田陣屋跡
 近隣の麻田藩青木家の陣屋跡。
大阪府高槻市 高槻城跡
 近隣の高槻藩永井家の居城跡。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。