福島県白河市 稲荷山公園

稲荷山白河戦争(白河口の戦い)の激戦地。
奥羽越列藩同盟軍は稲荷山に兵力を集中させ、
新政府軍を迎え撃ちます。
しかし、ここを攻撃した新政府軍本隊は囮で、
二手に分かれた別動隊が側面から白河小峰城を攻撃し、
白河小峰城が落城して稲荷山は包囲され、
同盟軍は敗走して惨敗となりました。


稲荷山公園」。
稲荷山は現在、史跡公園として整備されています。
山頂からは平地を隔てて新政府軍が布陣した小丸山も望め、
戦争の様子を想像することが出来ます。


白河口 戊辰之碑」と「戦死者名簿」。
平成27年に建てられた新しい慰霊碑。
白河戦争では、同盟軍927名、
新政府軍113名が戦死したとされ、
その全ての戦死者の名が刻まれています。


西郷頼母歌碑」。
八握髭翁
うらやまし 角をかくしつ 又のへつ
心のままに 身をもかくしつ

※角や身を隠せるカタツムリが羨ましいという意。
八握髭翁は西郷頼母の号。
朝敵会津という極印の宿命を背負い、
藩論に逆らい非戦・恭順を主張した腰抜け
切腹して責任をとるべきを生き永らえる臆病など、
冷酷な世評にさらされたと説明されています。
個人の意見で申し訳ないのですが、
西郷頼母という人物はあまり好きではない。
僕の数少ない嫌いな幕末の人物で、
腰抜け、臆病などという評価は別として、
その生き様に一貫性が無いように思われ、
彼をどうしても好きになれない。
彼が後世にここまで評価される理由は、
家族一同の自刃による悲劇の主としてであり、
彼自身に何の評価があるのかさっぱりわからない。
白河の敗戦は頼母の下手な指揮が原因で、
生き様はおろか能力も無かったわけです。
ただ、頼母自身のこの短歌を読むと、
己を恥じているのは感じられますので、
それだけは救われるかなと思います。


権兵衛稲荷神社」。
稲荷山の語源となっている稲荷神社。
由緒がよくわかりませんが、
参道に巨大な御神木が生えて神聖な雰囲気。
震災で多くの狛狐が破損したようですが、
それでも沢山の狛狐が並んでいました。

稲荷山を下りて南西の麓へ。

銷魂碑」と「戦士墓」。
慶応4年5月1日の稲荷山の戦闘で、
同盟軍側で約700名が戦死したとされ、
戦死墓は戦後まもなく地元新町の人々が建立したもの。
銷魂碑は白河で戦死した会津藩士を供養するもので、
白河口副総督横山主税常守や軍事奉行海老名衛門季久ら、
304名の名が刻まれています。
横山は山川兵衛の四男で家老横山常徳の養子となり、
常徳の死後の元治元年に家督を継ぎ、
訪欧使節団徳川昭武の随員として渡欧。
ヨーロッパ諸国を歴訪した後に帰国し、
若年寄に任じられて白河口の副総督に就任。
稲荷山に激励に訪れた際に銃撃されています。
海老名は軍事奉行としての責任を取り、
城下の龍興寺で自刃しています。


長州大垣藩戦死六名墓」。
慶応4年閏4月25日の初戦で戦死した長州藩士3名と、
大垣藩士3名の合葬墓。
当初は薩摩藩士7名も埋葬されていたようで、
薩長大垣戦死十三人之墓」であったそうですが、
大正4年に鎮護神山薩摩藩の戦死者が合葬された為、
薩摩の7名を除いて現在の墓碑に改められたという。

この他にも白河市内には、
沢山の慰霊碑があるそうですが、
時間の関係で今回は全てを訪問しきません。

■関連記事■
栃木県宇都宮市 戊辰役戦士墓
 宇都宮藩による長岡藩、会津藩戦死者の墓。
秋田県由利本荘市 山田合戦の跡
 山田合戦戦死者の慰霊碑。