栃木県宇都宮市 戊辰役戦士墓

戊辰戦争新政府軍に属した宇都宮藩は、
会津城下飯寺村の戦いで長岡藩家老山本帯刀を捕え、
薩摩藩軍監中村半次郎に引き渡しています。
山本は恭順を拒んで斬首されますが、
その死を悼んだ宇都宮藩兵によって弔われました。
また、六道口の戦いで戦死した会津藩兵らも合葬しています。


六道口 戊辰之墓」。
山本隊は濃霧の為に味方と誤認して、
宇都宮藩陣営に近づいて捕えられています。
薩摩藩に引き渡されると知った山本は、
隊の軍資金200両を宇都宮藩隊長戸田三男に託し、
戦役での戦死者の供養を依頼しました。
戸田はその200両と山本の愛刀を預かった後、
薩摩藩に山本らを引き渡しています。

戸田三男は凱旋後、
山本の愛刀を藩主戸田忠友に献上していますが、
その刀は栃木県護国神社に秘蔵されているとのこと。
後に供養の許可が下りると、
預かった200両と旧宇都宮藩士達の浄財で、
六道口の戦い戦死者と共に墓碑を建立しました。
当時はもう少し広い墓域があったようですが、
道路整備の為に縮小され、現在の状態になったようです。

新政府軍が列藩同盟軍戦死者の埋葬を禁止したという話が、
未だに信じられているフシがありますが、
昨今、徐々に埋葬に関する資料などが見つかって、
それらは否定されてきています。

現実問題として埋葬が禁止の野ざらしの状態では、
疫病が蔓延してしまいますので、
戦後の経過を考えてもそれはありえません。
これは「埋葬」と「供養」を勘違いした結果で、
賊軍の列藩同盟軍戦死者を公然と「供養」するのが、
憚られたということで、墓碑の建立が遠慮されたという事。
今風に言えば新政府に対する「忖度」ですね。

もちろん埋葬とは別に、
戦死者に対する「官軍」「賊軍」の扱いや、
靖国神社への合祀などの色々と諸事情は多くありますし、
諸問題を多く抱える出来たばかりの新政府が、
至らなかったのも事実でしょう。
そう考えると、
都市伝説である「埋葬禁止令」が諸所で信じられたのは、
仕方のない事なのかもしれませんね。

■関連記事■
新潟県長岡市 長興寺(山本帯刀家墓所)
 長岡市にある山本帯刀家の墓所。山本五十六の墓も。
栃木県宇都宮市 宇都宮城跡
 戊辰戦争の際に、旧幕府軍の攻撃で落城しています。
栃木県宇都宮市 英厳寺跡(宇都宮藩戸田家墓所)
 宇都宮藩主戸田家の菩提寺跡。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。