栃木県宇都宮市 英厳寺跡(宇都宮藩戸田家墓所)

英厳寺は宇都宮藩主戸田家菩提寺でしたが、
戊辰戦争宇都宮の戦いにおいて消失しました。
藩主家の菩提寺ということで、
大規模な寺院だったようですが、
現在は廃寺となって住宅街になっています。

跡地は現在「英厳寺児童公園」となっており、
四方を住宅が囲むという不思議な場所に、
宇都宮藩戸田家の墓所があります。


宇都宮市花房本町2丁目(英厳寺児童公園の場所)
区画のど真ん中にあり、
四方が病院や民家に完全に囲まれていますので、
外側からは存在が全くわかりません。
北側の路地に入り口があります。


英厳寺児童公園」入り口。
民家と民家の間にありますので、とてもわかりにくい。
そのわりにとても大きな石碑が建っています。


路地の角を曲がると鳥居が見え、
この鳥居をくぐると広い墓域が現れます。
ただ、児童公園というべき場所ではないですね。


宇都宮矦忠烈戸田公之墓」。
宇都宮藩6代藩主戸田忠恕の墓。
宇都宮藩は譜代藩ながら尊皇攘夷志向が強い藩で、
勤皇儒者大橋訥庵を召し抱え、
藩士の多くが尊攘運動に関わりました。
坂下門外の変が起こると、
襲撃者と親交のあった藩士らが捕縛され、
宇都宮藩は幕府から危険視されます。
この状況を打開するため、山陵修補事業を幕府に建白。
諸陵の修復の一切が宇都宮藩に委託されることとなり、
文久の修陵」が開始されました(記事はこちら)。
しかし、天狗党の乱の不手際で強制隠居を命じられ、
厳封のうえ棚倉藩への移封が決まりかけが、
朝廷のとりなしや修陵の功を鑑みられて、
棚倉藩への減移封は免れています。
戊辰戦争では、大津に抑留された藩主戸田忠友に代わり、
宇都宮藩の指揮を取り、宇都宮城を奪われますが、
新政府軍の加勢を得て奪還しました。
同年に病に倒れて病死しています。


従二位勲三等子爵戸田忠友」。
宇都宮藩7代藩主戸田忠友の墓。
宇都宮戸田家の支流旗本戸田忠偲の嫡男でしたが、
本家筋の宇都宮藩主戸田忠恕が強制隠居させられたため、
養子となって家督を継ぎ第7代藩主となりました。
幕府より睨まれた経緯からか佐幕派として行動し、
慶応3年より奏者番寺社奉行を兼任。
徳川慶喜の助命嘆願の為、
藩兵100余名を率いて上洛しようとしますが、
道中の近江国大津湊で新政府によって抑留されています。
国許での戦いが終結すると、一時隠居させられますが、
許されて後に1万石の加増を受けました。
大正13年、死去。


水戸之役戦死之碑」。
天狗党の乱での藩兵の戦功を称えた碑。
宇都宮藩は幕命によって筑波勢追討の兵を送り、
田彦宿那珂湊での戦闘で戦死者を出しています。
碑が木で邪魔されていますね。


戸田家合葬墓」。
宇都宮の戦いで英厳寺は消失。寺域は壊滅しました。
その際に歴代藩主の墓石も破壊されたのか、
新たに合葬墓が建立されています。
このように藩主の墓所が壊滅した例は、
僕の訪問履歴の中では、福岡藩黒田家墓所だけ。
これからも訪問していけば、
そういう墓所もあるかもしれませんね。

ちなみに備中松山藩主老中首座も務め、
徳川慶喜の大坂城からの逃亡に同伴した板倉勝静は、
新政府により宇都宮藩預かりとなって、
英厳寺に軟禁されていました。
旧幕府軍は宇都宮城下に迫った際に寺町を放火し、
混乱に乗じて英厳寺の庫裏から板垣を救出しています。
以後、板倉は奥羽越列藩同盟の参謀となり、
箱館まで旧幕府軍と行動を共にしています。

■関連記事■
栃木県宇都宮市 宇都宮城跡
 宇都宮藩戸田家の居城跡。
福岡県福岡市 崇福寺(福岡藩主黒田家墓所)
 空襲によって破壊された黒田家墓所。戦後、再整備されました。
試撃行日譜④
 高杉晋作は宇都宮を訪問しますが、日記で酷評しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。