福島県石川郡 浅川代官所陣屋跡

寛保元年(1741)、高田藩久松松平家白河藩へ、
白河藩越前松平家姫路藩へ、
そして姫路藩榊原家高田藩へ、
それぞれを転封させる三方領地替えが行われ、
それに伴い浅川領8万4千石が高田藩領となり、
高田藩の飛地陣屋が浅川に置かれました。

当時の浅川は土地が悪く飢饉も多かった為、
人口が減って領地経営が芳しくなく、
藩政府は本領から浅川領への移民を募りますが、
思うように応募は得られずさらに経営は悪化。
浅川騒動という大規模な打ちこわしも発生し、
高田藩も匙を投げて幕府に領地替えを懇願し、
5万石余りが越後国頸城郡と替えられます。
替えられた浅川領は幕府領となり、
高田藩は釜子陣屋で残りの飛地を支配し、
幕領となった浅川領も預かりました。

後に浅川領は高田藩預かりから直轄地となり、
塙代官の管轄になって出張代官所が置かれます。


浅川町立浅川小学校(浅川代官所陣屋跡)」。
Wikipediaには記念碑があるとなっていますが、
どこを探しても見当たりませんでした。
学校の南側に碑がいくつか建っていますが、
高校や町合併の記念碑で陣屋跡碑ではない。
まあWikipediaはあまり信用していないので、
行ってみて「やっぱりね」って感じです。

浅川代官所は塙代官多田銃三郎の恭順により、
代官所としての役割を終えていましたが、
戊辰戦争棚倉城を奪取した新政府軍は、
浅川陣屋に土佐藩兵彦根藩兵を駐屯させ、
北からの奥羽越列藩同盟の攻撃に備えます。

棚倉城を奪還しようする同盟軍は、
陣屋北東の城山(現城山公園)を占領し、
浅川を隔てて銃撃戦が行われましたが、
新政府軍の援軍によって同盟軍が退却しました。
仙台藩の資料ではこの戦闘で三春藩が寝返り、
背後から同盟軍を攻撃した事になっており、
これが後に「三春狐にだまされた」と、
後に三春人が謗られる原因となっています。
寝返り攻撃は仙台藩の資料でしか見られず、
 その信憑性は疑問視されています。

■関連記事■
福島県東白川郡 棚倉城跡
 近隣の棚倉藩の藩庁。
福島県東白川郡 塙代官所陣屋跡
 浅川代官所は塙代官所の出張代官所でした。
福島県三春町 三春城跡
 裏切ったとされる三春藩の藩庁。
新潟県上越市 高田城跡
 浅川陣屋は元々は高田藩の飛地陣屋。