福島県東白川郡 棚倉城跡

左遷藩」このような言葉は江戸時代にはなく、
近代以降の造語であるらしいのですが、
山形藩棚倉藩はこの不名誉な造語で呼ばれます。
左遷とは閑職や低い地位、地方に飛ばされる事で、
譜代大名が失脚した際にこの2藩に転封された為、
そのように呼ばれるようになりました。

確かに藩主家は9家も代わっており、
その理由は様々ながら刑罰的な転封で、
流石に左遷藩ではないとは言い難い。
始めの立花宗茂関ケ原の戦いで改易となり、
後に棚倉藩で大名に返り咲いた後、
旧領の柳河藩に転封となります。
代わって丹羽長重古渡藩より入封し、
後に白河藩へ加増転封。
この外様大名の2人は改易から大名に返り咲き、
さらには後に10万石を得るに至り、
左遷藩というよりは縁起の良い藩といえます。
次に譜代の内藤信照が入って3代続きますが、
これも別に左遷的な要素は感じられません。

そして太田資晴松平武元と入封しますが、
こちらも懲罰的な転封の感は無く、
次の小笠原長恭から懲罰的転封が繰り替えされました。
長恭は掛川藩で盗賊の横行を取り締まれず、
懲罰的な転封を命じられています。
その後、井上正甫が農家の女房に手を出した噂で、
松平康爵が密貿易で、阿部正静兵庫開港要求事件で、
それぞれ懲罰的に転封となりました。
※これらとは別に戸田忠恕天狗党鎮圧の不手際で、
 減封のうえで棚倉藩に転封される事になっていましたが、
 山稜補修の功績を鑑みられて中止となっています。

ここまで続けば左遷藩とされても仕方ありませんが、
左遷された各家の末代が後の幕政で出世しており、
ある意味で汚名を返上しているようですので、
立花、丹羽両家にあやかる出世藩ともいえます。


奥州棚倉城絵図」。
棚倉城は丹羽長重が築城した平城で、
※立花宗茂は御伽衆江戸に定府していた為、
 赤館という古い山城を藩庁としました。

都々古別神社を遷宮させてその跡地に築城。
中心の本丸を帯状に二ノ丸が囲み、
さらに三ノ丸が鉤状に付いた輪郭・梯郭式の城でした。


大ケヤキ」。
本丸大手前の大きなケヤキの木。
この大ケヤキは神社時代の御神木とされ、
形が優れていた為にのこされたという。


内堀」。
現在の棚倉城跡は内堀と本丸を囲む土塀が残されており、
当時を偲ぶことができます。


亀ヶ城址」碑。
大手枡形跡付近にある跡碑。
棚倉城は別名「亀ヶ城」と呼ばれており、
お堀に住むという大亀が浮かぶと、
お殿様が転封されたという言い伝えがあります。
左遷藩らしい逸話ですね。


本丸跡」。
本丸には本丸御殿が建てられており、
藩政の中心として機能していました。
周囲は高い土塀で囲まれて四方に隅櫓が建てられ、
隅櫓間は多聞櫓で結ばれる厳重なものであったという。
その割には二ノ丸以降が簡素に造られており、
それほど防御力を持たない平時の城だったようです。

慶応3年。阿部正静は白河藩より棚倉藩に入封。
この幕末も末期のごたごたの中で、
奥羽越列藩同盟軍として戊辰戦争に参加します。
棚倉藩は白河戦争(白河口の戦い)に参加し、
家老阿部内膳率いる十六ささげ(十六人組)が奮戦しますが、
内膳は金勝寺付近で戦死。
同時に前藩主阿部正外の守る棚倉城も攻撃され、
防御力の低い棚倉城は僅か1日で陥落し、
残兵は飛地領の保原陣屋まで逃れて降伏。
戦後に正静は強制隠居させられ、
6代白河藩主の子阿部正功が6万石で家督を相続し、
明治4年に廃藩置県を迎えました。

棚倉藩
藩庁:棚倉城
藩主家:松井松平家(慶応2年に川越藩に移封)
   :忠秋流阿部家(慶応3年に白河藩より入封)
分類:松平家6万石、譜代大名
  :阿部家10万石→6万石、譜代大名

■関連記事■
福島県白河市 白河小峰城
 棚倉転封前の阿部家の居城。戊辰戦争の激戦地。
広島県福山市 福山城
 福山藩阿部宗家の居城跡。