福島県白河市 白河小峰城

白河小峰城南北朝時代結城親朝が築城した城で、
結城家の改易後は上杉家蒲生家の支城となり、
その後に丹羽長重が10万石で白河に入封して以降、
白川藩の藩庁として7家21代の居城となりました。

白河は奥羽への入口として要衝の地であった為、
奥羽外様大名に睨みを利かす有力譜代大名が入封。
丹羽家を除き、譜代の榊原家
本多平八郎家奥平松平家越前松平家(前橋)、
久松松平家(桑名)、阿部家(忠秋流)と代わります。
しかし、阿部家白河藩7代藩主阿部正外は、
老中として幕政に参加し外国交渉を担当。
兵庫開港要求事件で無勅許ので条約調印をしたとして、
蟄居謹慎を命じられて棚倉藩へ転封となり、
白河は幕府の直轄領となりました。

白河小峰城は二本松藩の預かりとなり、
二本松藩兵や仙台藩兵が駐屯。
そこへ会津藩が白河を抑える為に白河小峰城を攻めますが、
戦意の無い駐屯兵は本丸に火を放って退却します。
その後、斎藤一率いる新選組130名が合流し、
土方歳三宇都宮戦争で負傷療養中。
白河口総督西郷頼母、副総督横山主税も入城。
会津藩に同情的な仙台藩、二本松藩、棚倉藩も兵を派遣し、
2千500名の兵力で新政府軍を迎え撃ちました。


城山公園」。
白河小峰城跡は現在、城山公園として整備され、
本丸前御門御三階櫓が復元されています。


二ノ丸跡」。
現在は公園広場となっている二ノ丸跡には、
武家屋敷が立ち並んでいたようです。
昭和27年には白河市営城山球場として野球場が整備され、
セ・リーグの公式戦なども行われましたが、
昭和62年に撤去されています。


清水門跡」。
清水門は本丸への正門で、
当時は巨大な櫓門が建てられていました。
市の整備計画で清水門復元が計画されており、
来的にその雄姿が拝める事になるようです。


「桜御門跡」。
清水門より左に進むとある小規模の門跡。
たぶん勝手口として使われていたと思われますが、
小さいながらも枡形を形成。
右側の石垣は円を描くように組まれており、
美しい模様のようになっています。


前御門」と「御三階櫓」。
前御門は本丸御殿への正門。
御三階櫓は白河小峰城の実質的天守で、
双方とも江戸時代の絵図に基づいて、
伝統工法による木造建築で復元されたもの。
三階部分が非常に小さいのが特徴です。


御本城御殿(本丸御殿)」。
白河小峰城は本丸に御殿があるタイプの城。
二ノ丸よりここまで息も切れずに登れたので、
当時もそれほど不便ではなかったのでしょう。
現在は忠魂碑などが建てられています。
西側と北側には高く土盛がされており、
東側には御三階櫓と前御門、
南側には多聞櫓があったようです。


阿部子爵之碑」。
棚倉藩2代藩主阿部正功の碑。
正功は白河藩6代阿部正耆の長男でしたが、
幼少であった為に家督は継げず、
白河藩主は分家の旗本阿部正外が継ぎました。
正外が幕府より隠居を命じられた後は、
正外の長男阿部正静が家督を継ぎ、
阿部家は棚倉藩へ転封されています。
その後の戊辰戦争で新政府軍と戦った為、
正静は強制隠居処分となり、
正功が4万石減封のうえで家督を継ぎました。
廃藩置県後は慶應義塾に学んでおり、
地学人類学考古学などを研究しています。
篆額は西園寺公望。

西側の土盛に登る。

丹羽長重公築城址」碑。
白河小峰城は南北朝時代の古い城ですが、
丹羽長重が白河藩に入封して城郭を改修し、
近代城郭に生まれ変わっています。
ここは北西端の雪見櫓があった場所で、
明治20年に皆既日食を初めて観測した場所でもあり、
米国D.P.トッド博士が最新機材を用意して撮影に臨み、
悪天候ながら数枚の部分食を撮影したという。

御三階櫓のある北側の土盛へ。

おとめ桜の碑」。
丹羽長重が城の大改修を行った際、
本丸の一角の石垣が何度も崩れ落ちてしまい、
話しあいの末人柱を立てることが決まって、
最初に城に来た者を人柱にすることになります。
そしてたまたま作事奉行の娘が父に会いに来た為、
不運にも人柱にされてしまいました。
この人柱にされた娘「おとめ」を偲び、
城の完成後に桜が植えられておとめ桜とよばれたという。
城には人柱伝説がつきものですね。

最後に城の北側へ。

川を利用した天然の堀高石垣が聳えます。
白河小峰城は北側の防御を想定しているようで、
こちらからの眺めは雰囲気がガラリと変わります。

新政府軍は戦上手の伊地知正治が700名を率い、
兵を3つに分けて三方より進軍し、
伊地知の本隊は多くの旗を掲げて大軍に見せかけ、
同盟軍の布陣する稲荷山に砲撃を加えました。
総督西郷頼母は稲荷山に戦力を集中させますが、
左右の山が手薄になったところを別動隊が占領。
そのまま白河小峰城は落とされてしまいます。
同盟軍は副総督横山主税、棚倉藩家老阿部内膳など、
683名の戦死者を出す大敗北を喫し、
白河小峰城を占領されてしまいました。

その後、同盟軍は白河小峰城の奪還を目指し、
細谷十太夫衝撃隊(鴉組)などがゲリラ戦を展開。
新政府軍を大いに悩ませた後、
兵力の再編成が完了した後に総攻撃を敢行。
しかしその間に新政府軍の兵力は増強しており、
幾度も攻撃を繰り返しますが陥落せず。
西郷頼母は総督を罷免されています。
その後も攻撃が行われましたが白河小峰城は落ちず、
磐城戦争で周辺が新政府軍の支配下となった事により、
同盟軍は白河小峰城奪還を諦めました。

白河小峰城は北からの攻撃を想定した城で、
新政府軍の南からの攻撃で容易に落ちますが、
奪還を目指す同盟軍の北からの攻撃では、
強力な防御力を発揮するに至りました。
白河戦争での同盟軍戦死者は927名とされ、
この戦いが後の戦局を左右したとされます。
白河市街には両軍の慰霊碑が散見され、
その数は29にものぼるという。
白河城下や周辺集落は戦火で焼失したとされますが、
白河の民は両軍戦死者を手厚く弔い、
今も香華が手向けられているようです。

白河藩幕領(二本松藩預)】
藩庁:白河小峰城
藩主家:忠秋流阿部家
分類:10万石、譜代大名

■関連記事■
福島県東白川郡 棚倉城跡
 白河藩阿部家は棚倉藩に転封しています。
福島県二本松市 霞ヶ城跡
 二本松藩丹羽家の居城。白河口の戦いの後に落城。
広島県福山市 福山城
 阿部宗家の居城跡。
福島県いわき市 磐城平城跡
 同時期の磐城戦争で落城した安藤家の居城。