富山県富山市 長岡御廟(富山藩前田家墓所)

富山藩前田家加賀藩3代前田利常が隠居し、
4代前田光高が家督を相続する際に、
次男の前田利次に10万石が分与されて立藩。
廃藩置県までに13代続いています。

歴代の墓所は富山市長岡にある長岡御廟で、
利次が居城を建設しようとした百塚に隣接し、
※当時の富山城は加賀藩の支城でしたが、
 拝領地に城が無いかった為に利次が借用し、
 百塚に築城するまでの仮藩庁としていました。
 その後、財政難で築城が断念されて、
 正式に富山城が藩庁とされています。

利次の死去後に跡を継いだ2代前田利甫により、
築城が断念された長岡が廟所とされ、
以後は歴代富山藩主の墓所となっています。


長岡御廟(初、4、5、8~12代)」。
現在の長岡御廟は長岡御廟墓地の中央にあり、
初代、4、5代、8~12代の墓のある区画と、
2、3、6、7代の墓のある区画に分かれます。

まずは初代の墓のある区画から。

贈正四位侍従兼淡路守菅原朝臣利次之墓」。
門を入ると現れる初代前田利次の墓。
幼少時より兵学を好んでいたとされ、
10万石の分与されると富山城を仮藩庁とし、
領内良地の百塚への築城を幕府に願い出ます。
しかし試算によって資金不足が明らかとなり、
百塚城の新規築城を断念せざるを得ず、
借用していた富山城を宗家より譲り受けて、
正式に藩庁と定められました。
その際に領地交換によって富山が自領となり、
富山城の改修や城下町の整備が行われ、
藩政の基礎が築かれています。


従四位下行出雲守菅原朝臣利隆之墓」。
4代前田利隆の墓。
兄で3代藩主の前田利興の養嫡子となり、
利興の隠居に伴い家督を相続。
悪政で財政難を招いたとされています。


従四位下行出雲守菅原朝臣利幸之墓」。
5代前田利幸の墓。
父利隆の死去によって家督を継ぎ、
財政難の解消する為に尽力していますが、
改善には至らなかったようです。


従四位下行出雲守菅原朝臣利謙之墓」。
8代前田利謙の墓。
6代前田利與の長男でしたが、
家督は5代利幸の長男前田利久が継ぎ、
利久に実子が無かった為に養嫡子となり、
利久の死去に伴い家督を継ぎました。
財政難に積極的な改革を行っていますが、
大きな効果は得られなかったようです。


贈従三位侍従兼淡路守菅原朝臣利幹之墓」。
9代前田利幹の墓。
大聖寺藩5代前田利道の八男で、
8代利謙の長男前田利保が幼少であった為、
利謙の養嫡子となって家督を相続。
財政再建の為に大坂より石田小右衛門を招致し、
五ヶ年計画で改善を図りますが、
目立った効果は得られませんでした。


贈従三位侍従兼長門守菅原朝臣利保之墓」。
10代前田利保の墓。
8代利謙の長男でしたが幼少だった為に、
9代は養子の利幹が継いでおり、
利幹の養嫡子となって10代藩主となりました。
博物大名として知られて特に本草学を好み、
薬草に関連した多くの著作を残しています。
財政再建の為に産物方を設置し、
産業を奨励した他に流通も統制。
六男前田利友に家督を譲って隠居しますが、
藩政に関与し続けました。


従四位下行出雲守菅原朝臣利友之墓」。
11代前田利友の墓。
父利保の隠居により家督を継ぎますが、
国許の父や江戸の母毎木(利保側室)が後見。
藩は次第に利保派と毎木派が争うようになり、
お家騒動に発展することになりますが、
利友は20歳で死去しています。


従二位前田利聲之墓」、
従四位下侍従前田利保室寳壽墓」。
12代前田利聲の墓と10代利保の正室の墓。
兄の11代利友の死により家督を相続。
この利聲も毎木の子であった為、
派閥争いは変わらず継続しています。
利聲は母毎木と結託して利保派と争いますが、
利保は宗家の力を借りて毎木を蟄居させ、
利聲を藩政から遠ざけました。
そして利保が藩政を掌握する事になり、
利保の死後は宗家の圧力で強制隠居させられ、
加賀藩主前田斉泰の十一男前田利同が、
13代富山藩主となっています。

1つ目の区画の藩主の墓は以上。
紹介は年代順にしましたが、
墓の配置は順番ではありません。
配置は左より、
10、8、4、初、11、9、5代で、
右の隅に12代の墓があります。

2つ目の区画へ。

長岡御廟(2、3、6、7代)」。
初代の区画よりやや小さめの敷地。
こちらは左より6、2、7、3代ですが、
木が墓の正面に生えていたりしており、
なんだか鬱蒼としています。


贈従三位大蔵大輔菅原朝臣正甫之墓」。
2代前田正甫の墓。
初代利次の次男で父の死後に家督を相続。
利次の悲願であった百塚城築城が断念された為、
百塚を望む長岡を墓所に定めました。
新田開発や産業奨励に尽くし、
反魂丹などの製薬業も推奨しており、
越中売薬の基礎を作っています。


従四位下行長門守菅原朝臣利興之墓」。
3代前田利興の墓。
木の枝に覆われてどの角度で墓が見えません。
利興の治世より財政悪化が始まったようですが、
彼自体は積極的に藩政改革を行っています。
その甲斐なく財政難となった為が、
突如として土蔵に籠ってしまいました。
これを重く見た宗家の加賀藩は、
利興を強制隠居させてしまいます。
心なしか木の枝に隠れているようにも見えます。


従四位下行出雲守菅原朝臣利與之墓」。
6代前田利與の墓。
」と「」で3代利興と間違えそうです。
4代利隆の四男で、兄の5代利幸が死去した際、
実子利久が幼少であった為に家督を継ぎました。
藩校広徳館を創設していますが、
慢性的な財政難に悩まされています。


従四位下行出雲守菅原朝臣利久之墓」。
7代前田利久の墓。
こちらも正面に大きな木が生えています。
5代利幸の長男として生まれましたが、
利幸が死去した際に幼少であった為、
6代は叔父の利與が就任してその養嫡子となり、
利與の隠居に伴い家督を継ぎました。
10年の治世の後に死去しており、
利與の子利謙を養子としています。

以上、富山藩主12代を紹介しましたが、
最後の13代はここにはありません。
上記したようにお家騒動から宗家の干渉が入り、
13代藩主は宗家加賀藩から迎えられました。
この為に幕末の富山藩は加賀藩の介入が入り、
家臣間での派閥争いの末に、
城内で家老が惨殺されるという事件まで発生。
宗家の影響下のまま維新を迎えます。

ちなみに強制隠居させられた利聲の三男は、
前田男爵家の養子となった前田利功
その嫡男前田利貴陸軍大尉として出征。
曲がった事が嫌いな人物であったとされ、
現地民に慕われる善人であったようでしたが、
スパイを拷問したと蘭軍により裁判にかけられ、
現地民の有利な証言を得られるも死刑となり、
歌を歌いながら堂々と銃殺されてしまいます。
蘭兵は良家の利貴に反感があったようで、
免罪の可能性は極めて高かったという。
利貴は辞世の句を二首読んでいます。
国のため棄つる命は惜しまねど
       心に祈るはらからの幸
身はたとえ南の島に果つるとも
        留め置かまし大和魂
これは坂本龍馬吉田松陰の句からの発想で、
涙腺を刺激しつつもユーモアのある辞世。
傾奇者でもあった前田利家の末裔として、
立派な最後を遂げたようです。

この長岡御廟墓地は一般の墓所でもありますが、
どの墓も比較的に墓石が大きいと感じました。
地方によって墓にも特色があるのですが、
※例えば長崎県では文字を金色にするなど。
どうも富山県民は墓を高く造るようです。
これは納骨室が地上にあるからだそうで、
雨雪が多い為に地下に納骨してしまうと、
水没してしまうからとのこと。

■関連記事■
富山県富山市 富山城跡
 富山藩前田家の居城跡。
石川県金沢市 加賀藩前田家墓所①//
 宗家の加賀藩前田家の歴代墓所。
石川県加賀市 実性院(大聖寺藩前田家墓所)
 同族大聖寺藩前田家の歴代墓所。