石川県金沢市 加賀藩前田家墓所①

①//

加賀藩前田家加賀越中能登の3ヶ国を領し、
諸藩中最大の102万5千石の石高を誇る大藩。
外様大名ではあるものの伺候席大廊下で、
御三家に準ずる待遇を受けていました。

藩祖前田利家徳川家康と同じく豊臣政権五大老で、
家康の野望を牽制する立場にありましたが、
利家は慶長4年(1599)に死去。
遺領は嫡男前田利長と次男の前田利政に分割されます。
父の利家と違い利長は家康に通じ、
関ケ原の戦いでは東軍として参加しますが、
次男の利政は出陣を拒否しており、
これによって利政は所領を没収され、
利長は利政の旧領及び小松大聖寺を得て、
加賀、越中、能登3ヶ国を領するに至ります。

前田家の墓所は金沢市街の野田山墓所

前田家の歴代藩主、正室や継嗣など、
計86基の墳墓が造られています。
その殆どが巨大な土饅頭形式という珍しいもの。
その形状は四角形で段状になっており、
古墳ピラミッドの様にも見えます。


前田利久之墓」。
前田家の始祖前田利春織田家に仕え、
荒子城の城主であったという。
利春の死後に家督を継いだ前田利久は、
主君織田信長の命で家督を弟の利家に譲ります。
利家は家督を譲ってくれた兄利久を常に立て、
利久が死去すると野田山山頂に葬り、
自らもここに葬らせました。
以後は前田宗家の歴代墓所となり、
前田家墓所の周囲には家臣の墓が建てられ、
後には領民の墓も建てられるようになっています。
利久は花の慶次で知られる前田利益の義父であり、
信長の命で利家に家督が譲られなければ、
前田家は利益が継いでいたことになります。


贈従一位権大納言兼肥前守菅原朝臣利家之墓」。
藩祖前田利家の墓。
巨大すぎて上手に写真が撮れませんでした。
青年時代は歌舞伎者であったとされ、
利家は織田信長に仕えて天下統一事業に貢献。
本能寺の変で信長が倒れると、
羽柴秀吉柴田勝家が争うとはじめ勝家に与し、
賤ヶ岳の戦いの後に秀吉に降伏。
以後は豊臣政権の五大老として重きを成し、
死の床で秀吉は嫡子豊臣秀頼の将来を頼みます。
利家は秀吉の遺言を守って秀頼の傳役となり、
実質的な豊臣政権のトップとなりますが、
秀吉の死の翌年に後を追うように死去。


菅原朝臣松子之墓」。
前田利家の正室芳春院の墓。
まつとして知られる利家の正室は、
利家との間に二男九女を儲けています。
記録に残る中では戦国大名の正室の内で、
最も多くの実子を産んだ女性。
伊達晴宗の正室久保姫と同人数。
丈夫な子を産む女性であったのは勿論ですが、
利家との仲も良かった事が伺えます。
利家の死後に家康は前田家に謀反の疑いをかけ、
加賀征伐を開始しようとしますが、
芳春院は抗戦派を抑えて自ら人質となり、
江戸に向かって前田家の危機を救いました。
その後2代利長の死後に金沢に戻され死去。
利家の隣に葬られています。


贈正二位行権大納言兼肥前守菅原朝臣利長之墓」。
初代前田利長の墓。
利家の死後に五大老となった利長は、
家康の勧めに乗って金沢に帰国。
その後、家康に謀反の疑いを掛けられます。
利長は家康との戦いを決意しますが、
芳春院の説得によってこれを断念し、
人質として芳春院を差し出すことになりました。
関ケ原の戦いで東軍に与して加賀藩の礎を築き、
異母弟の前田利常に家督を譲って隠居。
富山高岡の発展に貢献しています。
彼の墓所はこの野田山以外に高岡にもあります。


権中納言贈従二位兼行肥前守菅原朝臣利常之墓」。
2代前田利常の墓。
利長より家督を譲られた利常は、
徳川秀忠の娘珠姫を正室に迎えており、
大坂の陣には諸藩中最大の兵力を動員して参陣。
冬の陣では真田丸に苦戦を強いられますが、
夏の陣では大野治房軍を打ち破っています。
家康は四国全土を恩賞として与えようとしますが、
利常はこれを固辞。
加賀、越中、能登3ヶ国の安堵を求めています。
寛永16年(1639)に家督を嫡男の前田光高に譲り、
次男前田利次富山藩10万石、
三男前田利治大聖寺藩7万石を分封。
自らも隠居領20万石で小松領に入りました。
しかし4代光高は早逝してしまい、
幼少の嫡男前田綱紀が藩主となった為、
後見人として再び藩政に返り咲き、
加賀藩の藩政を盤石なものとしています。
ちなみに利常は鼻毛を伸ばしてバカ殿のふりをし、
幕府の警戒を和らげたという逸話もあります。


菅原朝臣富子之墓」。
利常の娘八条宮智忠親王妃富子の墓。
八条宮智忠親王に嫁いでいますが、
これにより八条宮家は前田家と婚戚関係となり、
前田家の援助を得て智忠親王は桂離宮を修復。
御殿を増築して庭園を整備し、
桂離宮を後世に残す結果となりました。
死去後は遺言によって野田山に葬られています。

他の墓は道沿いが正面ですが、
この墓だけは道沿いではなく横が正面。
西側に正面が向いていますので、
たぶん京都の方向に向けているのだと思われます。

つづく。
①//

■関連記事■
石川県金沢市 金沢城①//
 加賀藩前田家の居城跡。
石川県七尾市 七尾軍艦所跡
 加賀藩の海軍施設跡。
石川県小松市 小松城跡
 一国一城令の例外である支城小松城跡。