石川県小松市 小松城跡

加賀藩の藩庁といえば、御存じのとおり金沢城ですが、
加賀藩は金沢城の他にも、もう一つ城を持っていました。

一国一城とはいえ例外はあるもので、
他にも仙台藩白石城熊本藩八代城徳島藩洲本城
芸州藩三原城などが支城として存在しています。

加賀藩の支城である小松城は、
加賀一向一揆勢の土豪若林長門が築城したもので、
柴田勝家に滅ぼされた後、
丹羽長秀配下の村上頼勝が城主となりました。
長秀の死後に跡を継いだ丹羽長重が、
佐々成政に内通したとして厳封となり、
頼勝は豊臣秀吉の直臣に昇格。
後に堀秀政与力となり、子の堀秀治も仕えました。
秀治の越後転封に伴い、小松城から本庄城に加増され、
小松城には、頼勝の旧主長重が入っています。

関ヶ原の戦いで長重が西軍に与して改易となり、
小松城は加賀藩の前田利長の所領となります。
その後の一国一城令で、一旦廃城となりましたが、
2代藩主前田利常の隠居城名目で再建されました。


小松の街並(中町)」。
小松には古い家屋が良く保存されています。
小松城が築城されて利常が入城すると、
家臣とその家族2000人が小松に移り住み、
人口が一挙に増えました。
城下町と寺院を構成した他に町人町も整備し、
絹織物などの産業を振興します。
利常の死去後は、家臣らの大部分が金沢に戻りますが、
町人達はそのまま残り、小松に定住。
また北陸街道の宿場町としても栄えました。


蘆城公園」。
小松城の三ノ丸跡に造られた公園。
廃城となった後の三ノ丸には、徒刑場が造られましたが、
金沢に徒刑場が移された為に公園として整備されています。
徒刑場が移転した後に、が生え茂っていたという事と、
城跡という意味で「蘆城公園」と名付けられました。


公園内の回遊式庭園。
小松市によって丁寧に管理・整備されているようで、
とても美しい公園となっています。


贈従二位前田利常卿」像。
前田利常は、前田利家の四男で側室千代保の子。
利家と初めて会ったのが、利家の死の前年だということで、
不毛な少年時代を送っていたようです。
小松城主丹羽長重の許へ人質交換で送られ、
長重自ら利常にを剥いてあげたという逸話があり、
利常は梨を食べる度にそれを思い出したという。

隠居地に小松城を選んだのは、
意外とそういう理由があるのかもしれません。
その後、2代加賀藩主となって大坂の陣で活躍し、
加賀百万石の基礎を造りあげました。
隠居して嫡男の光高に家督を譲り、
次男利次富山10万石、三男利治大聖寺7万石を与え、
自らは20万石の隠居領で小松城に入ります。

芦城公園を出て、小松城の天守台に向かいます。
小松城の天守台は、石川県立小松高等学校の敷地内。

グランド西端に天守台が残っています。


小松城天守跡」。
天守台のあるグランド西端は少し高くなっており、
その一帯が小松城の本丸となっています。
学校のテニスコートなどが造られていました。
非常に急角度な石垣が印象的です。


本丸跡より高校のグランドを望む。
グランドや校舎のある位置が、二ノ丸のあった場所です。


訪問時に何度もものすごい「爆音」が聞こえていましたが、
何だろうと思って空を見上げると自衛隊機
小松は航空自衛隊小松基地のあるところでした。
下関の小月でも自衛隊機がよく飛んでいるのですが、
練習機のプロペラ機ですので、
ジェット機の音とは比べものになりません。

小松城は利常の死後、一門筆頭前田土佐守家が城代として入り、
以後、幕末まで続いています。
幕末の土佐守家当主前田直信は、藩主の名代として活躍し、
京都守護の藩兵を率いて上洛しており、
戊辰戦争でも戦功を挙げました。

小松城は支城ながら、金沢城の倍の規模だったそうで、
何重にも広大な水堀を巡らせた水城であったようです。
隠居城ということで、風雅を凝らした平時の城と思いきや、
難攻不落の戦闘要塞だったようです。

関ヶ原本戦でも戊辰戦争でも、目立たない加賀前田家ですが、
実際には大きなキーマンでした。
加賀前田家が西軍に加担していたならば、
徳川家康は易々と天下は獲れていないでしょうし、
仮に戊辰戦争で加賀藩が奥羽越列藩同盟に加担していれば、
この難攻不落の小松城が、
官軍の前に立ちはだかったかもしれませんね。

■関連記事■
石川県金沢市 金沢城⓵//
 加賀百万石の居城。
石川県加賀市 大聖寺陣屋跡
 加賀藩の支藩。大聖寺藩前田家の陣屋跡。
富山県富山市 富山城跡
 加賀藩の支藩。富山藩前田家の居城跡。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。